地域に根ざす中間支援組織スタッフのための 支援力(パワー)アップ塾

組織を元気づける!組織マネジメント編

ボラセンを取り巻く状況が大きく変化する中、スタッフ間で新しいアイデアを出し合ったり、組織の未来についてじっくり話し合う機会をなかなか持てずにいることも多いのではないでしょうか。


でも、本当はもっと青臭い議論を交わしたい、一緒に悩みアイデアを出し合いたい。


この研修は、私たちの原点・今・これからを見つめ、固定観念にとらわれない大胆な発想で、この先のボラセンを想像/創造します。



TVACでは、中間支援組織のみなさんが、日々の活動上の悩みや関心事を持ち寄り、ともに学び合うなかで、それぞれが実践の糸口を見出していく学び場が必要と考えて、2012年度に本塾を開講しました。これまでに、1,045人の受講生が参加し、立場や領域を越えて学ぶ時間をともにしてきました。


支援力アップ塾は、みなさんとともにつくる学び場です。この学び場をぜひ活用し、ヒントを持ち帰り、地域のみなさんとの課題解決のチカラとしてください。


今年度の組織マネジメント編は、「コミュニケーションの場のつくり方」と「未来につながる事業評価」の2つの講座を開講いたします。


業務を通じてミッション・ビジョンを共有する
「コミュニケーションの場のつくり方」


「スタッフに事業の意味を伝えきれていない」

「スタッフをエンパワメントしたい」

「スタッフと共に組織をつくっていきたい」

組織としての共通認識のもと、スタッフと共に対話しながら組織をつくっていくには、どんな視点でコミュニケーションを重ねていけばよいのでしょうか。

この講座では、組織を活性化していく上で大切な視点、スタッフをエンパワメントするための方法を学びます。

組織をより良くしたい!皆さんのそんな気持ちをお待ちしています!


日時

2017年1月13日(金)、1月27日(金)両日とも13:30~17:00


講師

廣水乃生(ひろみずのりお)さん

(コミュニティファシリテーション研究所代表/一般社団法人キャリアブリッジ代表理事)


会場

四谷ひろば コミュニティルーム5

(新宿区四谷4-20)


受講料

2回で8000円


詳細、申込みはこちらから



事業の価値を確認する
「未来につながる事業評価」

「どんな視点から事業評価すれば効果的か分からない」

「数字では見えない事業の価値をどう表現したらいいんだろう?」

「組織の中で各事業の意義・価値が共有できていない」

中間支援組織における事業は、効果を数字で表現しづらいものや、効果が短期間で表れにくいものもあるのではないでしょうか。

自分たちの事業を多様な視点から評価し、事業の意義・価値をスタッフ全員と共有することで、日々の業務へのモチベーションを高めたり、事業をより良い方向に導いたりと、未来へつながっていきます。

この講座では、事業評価を行うことの意義を考え、また、その際のポイントを学びます。


日時

2017年2月8日(水) 13:30〜17:00


講師

阿部陽一郎さん(中央共同募金会事務局長)


会場

四谷ひろば コミュニティルーム5

(新宿区四谷4-20)


受講料

4000円


詳細、申込みははこちらから