「次代へ語り継ぐ戦争」

第二次大戦を知らない世代が多数を占め、戦争の記憶が薄まっていく一方で、テロや内戦も含め世界で今なお戦争は続いています。戦後生き残った人々の不戦への誓いを礎に、現在の平和な民主主義国家・市民社会としての日本が形造られてきました。東京大空襲の体験者や、戦地へ赴いた方などに戦争を語っていただきながら、戦争とは何か、市民社会とは何か、共に考えたいと思います。


日時:2月10日(日)10時〜12時30分 終了時間を変更しました

※9時30分〜ビデオ上映あり


会場:飯田橋セントラルプラザ会議室 (他にて資料展あり)

定員:30名


語り手:

清岡美知子さん (東京大空襲体験者)

84 歳。大正12(1923)年 関東大震災後、避難先の長野県松本市で生まれる。浅草馬道で育つ。

昭和15(1940)年 府立上野忍ヶ丘女子商業卒。東京府(のちに都)就職。

昭和20(1945)年3 月10 日の東京大空襲により、母を助けるも父と姉を失う。

戦後、昭和21 年都庁復帰、結婚退職。

27 年経済安定本部(のちの経済企画庁)就職。50 年退職。


岡野工治さん (学徒飛行兵、終戦後シベリア抑留者)

80 歳。昭和2(1927)年4 月12 日新潟県糸魚川市に生まれる。

昭和18 年3 月新潟県立能生(のう)水産学校4 年卒業(本来5 年間のところ、学徒動員政策のため)。

同年10 月学徒として陸軍航空隊柏教育隊に入隊。

19 年3 月〜中国東北(旧満州)牡丹江第39 飛行隊をはじめとして、佳木斯(ジャムス)第4 飛行隊、

公主嶺(コウシュレイ)教育飛行隊、チチハル42 教育飛行隊。

昭和20 年8 月ハルピン飛行場にて終戦。

同年10 月シベリア・ハバロフスク州に抑留される。

昭和24 年6 月帰国、舞鶴へ上陸する。

同年9 月1 日新潟県で教員養成所へ。公立小学校に6 年間、公立中学校に7 年間勤務する。

昭和39 年東京新聞社へ入社し、教育文化部などの記者として勤務。58 年同社退職。


資料展示:

東京大空襲ほか太平洋戦争に関する資料展示をします。

(当日会場および1F区境ホールにて)

あわせてご覧ください。


*参加お申し込みは こちら をクリック!

*保育がありますので、お子様連れの方もぜひご参加ください(要事前申込)。