■新着情報

■情報検索

あなたの希望する関わりかたは?

ボランティア募集
短期ボランティア募集
インターン募集
アルバイト募集
職員募集

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能
午後6時以降からでもOK
自宅でできる活動
1日だけのボランティア
見学/体験プログラムあり
初心者歓迎!
学生さん歓迎!

どんなことをやりたい?

寄付・募金
スポーツ
パソコン
デザイン・イラスト
保健・医療
保育・介助
学習支援・指導
相談・カウンセリング
外出支援
野外での活動
海外での活動
音楽・芸術・芸能
事務全般
広報・PR
資金作り
イベント企画・運営
編集
通訳・翻訳
会計
営業・マーケティング
法律
調査
その他

どんな分野の団体を希望?

環境
人権・平和
国際交流・協力
在日外国人・難民
障害者
高齢者
ホームレス
相談・カウンセリング
女性
子育て支援
子ども・青少年
音楽・芸術・芸能
保健・医療
教育
スポーツ
ボランティア・NPO支援
動物
消費者
災害
その他

フリーワード

 

■ピックアップ!

ボランティア募集土・日のみの参加が可能午後6時以降からでもOK学生さん歓迎!
キッズドア 江戸川区ボランティア説明会 参加者募集
特定非営利活動法人キッズドア


アルバイト募集
ヒューマンライツ・ナウ チャリティ・イベント等運営 パートタイムスタッフ募集
認定NPO法人/国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ

社会の役に立つ仕事をしたい、と多くの人が考えています。是非、あなたがこれまでに培ったキャリア経験を国際人権NGOのファンドレイジングに役立ててみませんか。勤務時間は柔軟に対応いたします。積極性のある方のご応募をお待ちしています。


ボランティア募集土・日のみの参加が可能1日だけのボランティア初心者歓迎!学生さん歓迎!
BAJ グローバルフェスタ2016ブース ボランティア募集
ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)


短期ボランティア募集1日だけのボランティア初心者歓迎!学生さん歓迎!
ボランティア団体おはなしやさん 高齢者施設にときめきをお届け 参加者募集
ボランティア団体おはなしやさん

「話をきいてくれてありがとう」「会いに来てくれてありがとう」…誰かに心からの感謝の言葉をもらうことは本当に嬉しいことです。とっても温かい気持ちになります。ときめきを届けにいったはずが、逆にボランティアの私たちのほうが癒しや元気をもらっていたりします。少しでも興味がありましたら、一度参加してみてください。あなたの素敵な貢献を心よりお待ちしています。


ボランティア募集1日だけのボランティア初心者歓迎!学生さん歓迎!
KIDS 幼児さん、小学生と、施設や公園で遊び ボランティア参加募集
KIDS

施設では、子どもたちとの信頼関係を醸成するため、継続的な訪問活動を希望しています。KIDSとしても2〜3ヶ月に1回以上の継続的な参加をして下さるボランティアを求めています。KIDSでは毎月第4日曜日に定期的に訪問し、ボランティアと子どもが思い切り遊んでいくと共に、子どもたちに社会性を持ってもらうお手伝いをしていきたいと考えています。参加するスタッフは、10代の大学生から20代の会社員、学校の先生、40代の会社員など、男女関係なく、様々なメンバーが参加しています。ぜひ参加したいとの連絡お待ちしています!



『ネットワーク』343号 特集「地域とセクシュアルマイノリティ」

LGBT、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)という言葉を耳にすることが多くなりました。カミングアウトをし、朗らかに生きようとする人が増え、かつては身近でつながることの難しかった人たちが、地域でグループを立ち上げ始めています。その姿を追うことにより、「私たちの地域」について、ともに考えてみたいと思います。



『ネットワーク』342号 特集「ニッポンの多文化・多民族」

今回の特集では、外国籍の人たちにインタビューし、日本での暮らしや地域との関係、コミュニティの活動、課題や展望などをうかがいました。彼ら・彼女らの日常生活や思い、また、団体のスタッフとしての活動や感じることなど、生の声を取り上げています。



自分たちで「寄付」を集めるための8つのステップ

いま、ここから、誰にでもできることがあります。
ひとりより、みんなでできる「寄付アクション!」のアイデアをまとめました。



『ボラ市民ウェブ』がスマホ対応になりました!

『ボラ市民ウェブ』内にある大部分のページを、スマホでも読みやすい大きめの文字でお読みいただけるようになりました。



『ネットワーク』341号 特集「東日本大震災「5年」を想う」

震災から5年、被災された方々は何を想い、どのように過ごしてきたのか、そして、これからの5年間に何を想うのか。今回の特集では被災地で暮らす一人ひとりの住民に耳を傾けた。