企業CSR等連携促進事業 東京D&Iプロジェクト企業CSR等連携促進事業 東京D&Iプロジェクト

How?連携の仕方

障害のある人の社会参加を進めるために、企業と障害関係団体とが連携してできることは、たくさんあります。以下の手順を参考に、プログラムを企画・実施してみましょう。それぞれのステップにおいて、迷ったときには、ボランティア・市民活動センター等の中間支援組織にご相談ください。

  • 連携する分野やテーマを決めよう!

    「教育」「仕事」「スポーツ」「アート」「啓発」「生活」「組織強化」など、障害関係団体と連携して実施できそうなテーマを考えてみましょう。

  • パートナー団体を探そう!

    パートナー探しにはポイントがあります:
    企業がパートナ―団体を探すときのポイントについて
    障害関係団体がパートナー企業を探すときのポイントについて
    「障害関係団体リスト」から探してみる
    ※2017年11月に都内の障害関係団体を対象に、企業との連携実績や、今後希望する連携の内容などについて調査し、回答のあった団体について掲載しています。
    「D&Iセミナー」へ参加してみる 
    ※「D&Iセミナー」とは、障害のある方の社会参加を促進するために、企業と障害者関係団体とが出会い、学びあう場として開催しているセミナーです。
  • お互いのニーズとリソースを知ろう!

    障害関係団体のニーズを知ろう!
    例)
    ・個性に対応した教育をしてほしい
    ・仕事の選択肢を拡大したい
    ・制作商品の販路を拡大したい
    ・ボランティアを確保したい など
    企業のリソースを知ろう!
    例)
    ・人材による支援ができる
    ・物品・サービスの提供ができる
    ・スペースを提供できる
    ・広報の支援ができる
    ・資金提供 など
    企業のニーズを知ろう!
    例)
    ・ユニバーサルデザインを開発したい
    ・社員を研修やボランティアに参加させたい
    ・障害のある人の雇用について相談したい
    ・社員の病気や障害への対応を知りたい など
    障害関係団体のリソースを知ろう!
    例)
    ・障害のある方への支援の専門性がある
    ・施設のスペースを研修やボランティアの場として提供できる
    ・研修・ボランティアプログラムを提供できる
    ・事業連携 など
  • 「Step3」のニーズとリソースを組み合わせて、
    協働プログラムを企画・実施してみよう!

    成功するプログラムの方程式は「ニーズ」×「リソース」+「楽しさ」-「負担」です。企業と障害関係団体のそれぞれのニーズとリソースを組み合わせ、参加する人たちが楽しくて、かつ、あまり時間や経費、責任などの負担が少なく、安全なプログラムを作りましょう。

  • 一緒に振り返りをしよう!

    プログラムを定期的に振り返り、障害関係団体、企業、(地域)社会への影響を調べてみましょう。

  • 次なる展開を考えよう!

    成果と課題を整理すると、次なる展開が見えてきます。

まずはお気軽にご相談ください

社会福祉法人 東京都社会福祉協議会東京ボランティア・
市民活動センター(D&I担当)

03-6265-0272(専用ダイヤル) 電話番号:03-3235-1171(代表)

メールでのお問い合わせはこちら(tdip@tvac.or.jp)

アクセス〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
Google マップで見る

開館日時火~土曜日 9:00~21:00 
日曜日:9:00~17:00
(休館日:月曜・祝日・年末年始)※来所による相談をご希望される場合は、予約をお願いします。