企業CSR等連携促進事業 東京D&Iプロジェクト企業CSR等連携促進事業 東京D&Iプロジェクト

第1回~第5回D&Iセミナー報告(2018)

D&Iセミナー2018
「多様性が輝く会社や社会であるために」



 
障害のある人たちがもっと社会で活躍できるために何ができるのか!? その可能性を障害関係団体と企業関係者が一緒に考えるセミナーです。2018D&Iセミナー チラシ.pdf

<開催日程>

■第1回『障害関係団体と企業・社員が連携してできること!?』

 
 日本において障害のある人たちの社会参加の現状と課題、企業や社員との連携の中で生まれる可能性について考えます。
【日 時】2018年6月28日(木)19:00~20:30
【内 容】①説明「日本におけるD&Iの現状と課題と可能性」
      東洋英和女学院大学大学院 人間科学研究科 教授 石渡和実さん
     ②実践報告: 横河電機株式会社 人財総務本部室 ダイバーシティ推進課 箕輪優子さん
            (社員の趣味・特技を活かし、東京都放課後子供教室をサポート)
           株式会社ファンケル CSR推進室 室長 臼杵ひろみさん
           (従業員が勤務時間に行う福祉施設での活動や、障がいを持った方へセミナー活動)
     ③東京D&Iプロジェクトと協働プログラムの説明 東京ボランティア・市民活動センター 事務局
【参加者】企業で働く人(社員、CSR、人事、広報など、どなたでも)
     障害関係団体の職員 、ボランティア・市民活動センターのスタッフ

 

■第2回『発達障害の理解と企業・社員ができること!?』

 
 発達障害の人たちの教育や就労を企業や社員がどのように支援することができるのか、現場での取り組みを紹介します。
【日 時】2018年7月12日(木)19:00~20:30 
【内 容】①説明「発達障害のある人たちの教育と就労の現状と課題と可能性」
        東京都立青峰学園 主幹教諭 永峯 秀人さん
        あきる野市障がい者就労・生活支援センターあすく センター長 原 智彦さん
     ②実践報告:日本ヒューレット・パッカード株式会社 人事統括本部 シードセンター長 上田 辰雄さん 
          (障害のある人たちにビジネスをトレーニングしたり、雇用している実践報告)
【参加者】企業で働く人(社員、CSR、人事、広報など、どなたでも)
      ボランティア・市民活動センターのスタッフ

■第3回『聴覚障害の理解と企業・社員ができること!?
~障害を越えて-全ての人の能力が最大限活かされるために~


  障害があるから、出来ない、は本当でしょうか? 障害があるために高まる能力があるのでは、と挑戦する人々を支え、その能力を活かしてキャリアを重ねていける環境をつくりたい。外見からは分かりづらい聴覚障害への理解を高め、高い視覚情報分析・コミュニケーション能力を社会的価値に変えていく挑戦を紹介します。

【日 時】2018年8月21日(火)19:00~20:30 
【場 所】UBS会議室(千代田区大手町)
【内 容】①説明:「聴覚障害のある人たちの教育と就労支援の現状と課題と可能性」
          聴覚障害児施設 金町学園 施設長 濱崎久美子さん
     ②実践報告:UBS証券株式会社 CSR社会貢献-アジア太平洋地域統括 堀久美子さん
         (社員および社会貢献活動におけるダイバーシティ&インクルージョン)
     ③異言語脱出ゲーム(簡易版)
         一般社団法人 異言語Lab 代表 菊永ふみさん(手話や視覚身体言語を使った謎解きゲーム) 【参加者】企業で働く人(社員、CSR、人事、広報など、どなたでも)
     ボランティア・市民活動センターのスタッフ

■第4回『障害関係団体のために、90分間プロボノ体験!』

 
 障害関係団体が支援者を拡大するための企画を考え、プレゼンしますので、企業関係者はビジネスの視点でアドバイスしてください。その中から2団体に助成金を支給します!

【日 時】2018年9月5日(水)19:00~20:30
【内 容】
○障害関係団体が支援者を拡大するために考えた企画に対し企業関係の参加者がビジネスの視点からアドバイスします。(プロボノ体験)
○障害関係団体はその企画をプレゼンし、セミナー終了後東京D&Iプロジェクトの運営委員  が助成金上限50万円を支給する2団体を選考します。
※選考された障害関係団体は、年度内に実行し、3月の第5回D&Iセミナーで報告します。企業関係  者が希望すれば、その企画実現に向けて、可能な範囲で関わることができます。
【参加者】企業で働く人(社員、CSR、人事、広報など、どなたでも)
     障害関係団体、ボランティア・市民活動センターのスタッフ
    「障害関係NPO&施設のためのビジネス基礎講座」(全3回)を受講した団体 

■第5回『東京D&I協働プログラム報告会』

  第4回のセミナーで選考された2団体を始め、今年度、東京D&Iプロジェクトの中で取り組んだ企業と障害関係団体の連携事例(全5件)を報告します。障害のある人たちが作った美味しいパンやお菓子もお楽しみください。

【日 時】2019年3月6日(水)19:00~20:30
【会 場】飯田橋セントラルプラザ12階ABCD会議室
【内 容】1)D&I協働プログラムの報告
       ①障害のある人たちのカフェでの顧客拡大イベントを実施しました!
        社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会 
          × D&Iプロボノチーム(本プロジェクトで結成された企業混合チーム)
        障害のある人たちの音楽隊が地域とのつながりを作りました
        社会福祉法人 武蔵野会 リアン文京 
          × D&Iプロボノチーム(本プロジェクトで結成された企業混合チーム)
       ③障害児支援NPOのウェブサイトを改良しました
         NPO法人 おもちゃの図書館全国連絡会 
          × 株式会社 日立ハイテクノロジーズ 
       ④障害のある人たちが働くカフェで市場調査と英会話講座を実施しました!
         社会福祉法人 大田幸陽会 さわやかワークセンター 
          × マイクロンジャパン株式会社
       ⑤多様な人たちが交流できるお祭を開催しました!
         NPO法人 シェイクハートプロジェクト、NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク、
         社会福祉法人 豊島区民社会福祉協議会、豊島区 
          × 企業 および 非営利団体 多数
    
    2)障害のある人たちが作ったパンやお菓子の試食・販売
        ①協働プログラムの成果報告会
        ②障害のある人たちが作ったパンやお菓子の試食・販売会

【参加者】○企業で働く人(社員、CSR、人事、広報など、どなたでも)
     ○障害関係団体の職員
     ○ボランティア・市民活動センターのスタッフ
     (80名程度)

<会場>

新宿区神楽河岸1-1 飯田橋セントラルプラザ 12階会議室(JR/地下鉄「飯田橋」駅)
(東京ボランティア・市民活動センターは同ビル10階にあります)
※【第3回】のみ、UBS証券株式会社12階FUJI 会議室(地下鉄「大手町」駅)

<参加申込方法>

各回の1週間前までに、下記よりお申込みください。
お申込みフォームはこちら

まずはお気軽にご相談ください

社会福祉法人 東京都社会福祉協議会東京ボランティア・
市民活動センター(D&I担当)

03-6265-0272(専用ダイヤル) 電話番号:03-3235-1171(代表)

メールでのお問い合わせはこちら(tdip@tvac.or.jp)

アクセス〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
Google マップで見る

開館日時火~土曜日 9:00~21:00 
日曜日:9:00~17:00
(休館日:月曜・祝日・年末年始)※来所による相談をご希望される場合は、予約をお願いします。