企業CSR等連携促進事業 東京D&Iプロジェクト企業CSR等連携促進事業 東京D&Iプロジェクト

障害のある人たちが働くカフェの市場調査と英会話講座の開催(2018年度)

社会福祉法人 大田幸陽会 さわやかワークセンター × マイクロンジャパン株式会社

JR蒲田駅のすぐ近くにある大田区役所の1階には、さわやかワークセンターが運営し、障害のある人たちが働いているカフェがあります。2013年の開店以来"おもてなし"をテーマに新しい形の障害者就労支援施設として様々な工夫に取り組んできましたが、若干の売り上げ低迷に改善の必要性を感じていました。そこで、ちょうど東京ボランティア・市民活動センターに社会貢献をしたいと相談のあった半導体メモリを取り扱うグローバル企業のマイクロン社からマーケティング専門家2名とマイクロン財団担当者が参加して、売り上げ改善プロジェクトを開始しました。"現場ファースト""サステナビリティ(持続可能性)""技術"をコンセプトに、過去2年間の売り上げデータを分析し、低迷原因の明確化、および運営サイドと一緒に改善案のブレインストーミングを実施しました。そして、その結果を参考にカフェの職員が自分たちで操作ができる電子掲示板やプロジェクターを導入したり、大田区内の別の施設で製造している食パンを使ってメニューの刷新などを行いました。

また、2020年のオリパラに向けた外国人ゲストの増加に対応するため、簡単な英語で対応できるようになりたいというカフェ職員からの希望に応えて、2018年11月7日にマイクロンボランティア社員5名による"おもてなし英会話講座"を開催しました。初めての英会話ボランティアに最初は少し緊張していたマイクロン社員でしたが、カフェコスモのおもてなしに癒され、楽しみながら知的障害のある人たちとマンツーマンで英会話を学び、交流しました。

技術企業であるマイクロン社とさわやかワークセンターの異業種でのコラボは、現場レベルでの忌憚のない意見交換と交流を重ねた結果、大変強固なパートナーシップを構築することができました。来年には、さわやかワークセンターが大森の文化会館の中にあるカフェの運営を障害者の親の会から引き継ぐことも予定されています。地域の拠点として、どのような展開ができるのかについてもマイクロン社をはじめ様々な関係者とコラボをしながら検討を進めていく予定です。

004.JPG
055.JPG

まずはお気軽にご相談ください

社会福祉法人 東京都社会福祉協議会東京ボランティア・
市民活動センター(D&I担当)

03-6265-0272(専用ダイヤル) 電話番号:03-3235-1171(代表)

メールでのお問い合わせはこちら(tdip@tvac.or.jp)

アクセス〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
Google マップで見る

開館日時火~土曜日 9:00~21:00 
日曜日:9:00~17:00
(休館日:月曜・祝日・年末年始)※来所による相談をご希望される場合は、予約をお願いします。