ボラ市民ウェブ
TVACニュース

(2014年9月20日 / TVAC )

お知らせ

1/29開催!ボランタリーフォーラムCafe(ボランタリーフォーラムプレ企画)

キーワード
ボランタリーフォーラム 、 カフェ 、 プレイベント


新たな社会課題の発信からボランティア・市民活動の可能性を考えるイベント「市民社会をつくるボランタリーフォーラム TOKYO」(主催:東京ボランティア・市民活動センター、運営:市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2015実行委員会)が

2015年も2月6日(金)〜8日(日)に開催されます。



◆イベントの詳細・お申し込みはこちら

市民社会をつくるボランタリーフォーラム TOKYO2015 特設サイト

http://www.tvac.or.jp/special/vf2015/


◆最新情報はこちら

市民社会をつくるボランタリーフォーラム TOKYO2015 Facebookページ

https://www.facebook.com/voluntaryforumtokyo




画像

それに先駆けて、当日までのワクワク感を高めるため、プレ企画として、ボランティア・市民活動の現場で活動している方、社会をより良くしていく活動や仕事に関心のある方などが集う交流イベント「ボランタリーフォーラムCafe」を開催します。


月に1〜2回、仕事や学校帰りに街のカフェに集い、ドリンクや軽食などをいただきながら、肩肘張らずに学びあい、楽しく語らう、そんな空間をイメージしています。


Cafeでは毎回、ボランティア・市民活動を支える現場で活躍中の本フォーラム実行委員・サポーターを招き、自身の活動や想い、現在に至る人生を語っていただきます。






第6回 ボランタリーフォーラムCafe


フォーラム本番前最後となる今回のゲストは、

富士福祉事業団理事長の枝見太朗さんです。



◆枝見 太朗(えだみ たろう)さんプロフィール


1957年 東京都新宿区生まれ。

大学中退後渡米、2年弱の放浪生活を経て帰国後テレビ局で子ども番組のディレクターとして勤務。

富士福祉事業団の創設者だった父親に多額の給料を払うと騙されてボランティア推進の業務へ転職。学生運動上がりの先輩たちに小突かれながらボランティア活動の神髄に触れる。

1983年、乗船した青年の船の寄港先インドボンベイ(ムンバイ)で偶然マザーテレサ本人と出会い、その後師事する。マザーが亡くなる97年まで日本におけるスポークスマン、ボランティアコーディネーターの役割を果たす。

寄付がたくさんもらえると先輩に騙されて入会した東京青年会議所で96年には理事長を歴任。

現在は東京都社会福祉協議会理事、東京ボランティア・市民活動センター運営副委員長、被災地岩手県釜石市キッチンカープロジェクト委員長、茨城県小美玉市四季文化館みの〜れ企画実行委員会委員長、明星大学非常勤講師(ボランティア論)、ボランティア活動センターこくぶんじ運営委員長などの役割をいただきながら市民主体のまちづくりを目指しています。


一般財団法人 富士福祉事業団

http://www.fujifukushi.or.jp


聞き手は、鹿住貴之さん(JUON(樹恩) NETWORK)です。

下記の概要をご覧いただき、お申込みのうえ、ぜひご参加ください!



日 時

1月29日(木)19:00〜21:00


場 所

東京ボランティア・市民活動センター フリースペース


アクセス

JR/地下鉄「飯田橋駅」に隣接する「セントラルプラザ」 の10階

地図はコチラ


定 員

15人程度


参加費

500円(お菓子・ドリンク付)

終了後、忘年会も兼ねて2次会を開催したいと考えております。

参加人数によって場所を調整します(別途料金)。


申込方法

事前申込制。先着順。

下記の申込フォームより必要事項をご記入のうえ、送信してください。

本Cafeについて、ご質問がある場合もフォームより送信してください。


お申込み・お問合せ

ボランタリーフォーラムCafe専用サイト

http://ws.formzu.net/fgen/S82469292/


このCafeの運営は、ボランタリーフォーラムTOKYO2015実行委員会の有志メンバーで行っているため、返信にお時間をいただくことがあります。3日以内に返信がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願いいたします。ご連絡は、必ず上記のフォームへお願いいたします。



情報を探す