ボラ市民ウェブ
TVACニュース

(2017年6月15日 / TVAC )

お知らせ

市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2018
分科会テーマ(課題)の公募について

キーワード
ボランタリーフォーラム 、 市民社会 、 市民活動 、 暮らし 、 分科会 、 テーマ 、 公募

ボランタリーフォーラムの目的

2018年2月、ボランティア活動や市民活動に関心のある方々、また、実際に取り組んでいる方々を対象に、「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2018」を開催いたします。

「ボランタリーフォーラム」では、私たちの暮らしに関わる社会制度や仕組み、地域性、教育問題、価値観などの諸課題に焦点をあて、多くの市民、参加者がそれを共有し、一緒に考えるためのイベントとして、20~30の分科会を企画・実施しています。

ボランティア・市民活動に参加したことがない方から、すでに活動を行っている方々まで、幅広く誰もが参加できる「ボランタリーフォーラム」とし、共に“市民活動”や”市民社会”を考えるきっかけにしていきたいと考えています。

今年度の公募について

今年度は、分科会で取り上げたいテーマや課題をみなさまから公募いたします。今後の活動につながる、新たなボランタリーフォーラムを一緒に作っていただける方の参加をお待ちしております。

詳細はこちらから

選考基準

以下の6つの項目を基準に選考します。

現代社会におけるテーマであること

広く一般を対象にしたテーマであること(参加対象を制限しないこと)

多様な市民の参加が期待されるテーマであること

本フォーラムで波及効果が期待されるテーマであること

個人や所属団体だけでは実現が難しく、他団体との連携・協働が求められるようなテーマであること

40名定員の会場内で実施できる規模の企画案であること

分科会内容の詳細(講師・スケジュール)について、テーマ案をもとに実行委員会で検討し、共に決めていきます。

応募条件

月1回程度、平日夜間に開催される本フォーラム実行委員会に、実行委員として概ね出席できること

第1回実行委員会(8/3)、第2回実行委員会(8/18)の両日もしくはいずれかに出席できること(いずれも19時から飯田橋駅そばのセントラルプラザ12階会議室)

応募したテーマ案をもとに、実行委員会の中で一緒に議論・検討し、分科会内容を作り上げるとともに、ボランタリーフォーラム実施にあたり他の分科会等準備、当日運営も含め協力していけること

企画者の所属の有無(個人・団体)は問いません

企業の営業・宣伝活動、特定の政党・政治や宗教に関わる団体及び企画は対象外です。

屋外で行う場合は、参加者の安全が確保できるもの

予算

概ね30,000円以内(企画者・団体以外から招いた講師謝礼等を含む)

一般的な機材(マイク、プロジェクター、PC等)や備品(模造紙、ペン、付箋紙等)は当センターでご用意することができます。

応募方法

応募用紙に記入し、東京ボランティア・市民活動センターまで郵送またはメールでお送りください。

提出締切

7月4日(火)17:00必着

結果通知

7月7日(金)※応募者のみにお知らせいたします。

企画運営

市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2018実行委員会

過去のフォーラムの様子はこちらからご覧いただけます。

連絡先・提出先

東京ボランティア・市民活動センター(担当:小野・谷口・山口)

TEL:03-3235-1171

FAX:03-3235-0050

MAIL:vf@tvac.or.jp


情報を探す