夏の体験ボランティアキャンペーン2019

ボランティア活動をするにあたって
気をつけたいこと

今回の体験が活動先のみなさんにとっても、参加するみなさんにとってもよい時間になるよう、次の5つのことに注意して活動してください。


1.安全第一!困ったら相談しましょう!

『夏ボラ』は、ボランティア初心者でも参加できる活動を用意しています。それでも活動中に困ったことやわからないことがある場合は、自分だけで悩まず、すぐに活動先の担当者やボランティア(市民活動)センターに相談してください。

また、万が一の事故に備えて、 ボランティア保険 に加入してから活動してください。最寄りのボランティア(市民活動)センターで手続きできます。

※すでに、学校や企業、個人、家族で入っている保険がある場合は、ボランティア活動中および行き帰りの事故(傷害および賠償責任)に対応するものであるかどうか、その内容を確認してください。


2.体調が悪い時には休みましょう

体調が悪い(熱がある、咳が出る、下痢をしているなど)場合は、お休みしてください。活動先には子どもや体の弱い方がいる可能性があります。自分のためにも、相手の方のためにも、無理をしないようにしてください。その際は、必ず事前に活動先に連絡しましょう。熱中症にも気を付けて、休憩をとりながら活動してください。


3.個人情報に気を付けましょう

ボランティア活動先で知り合った方々の個人情報(名前や連絡先等、その方を特定できるような情報)については守秘義務があります。個人情報を口外したり、インターネットで発信するのは厳禁となります。写真を撮る場合は、必ず事前に活動先のスタッフに確認をとってください。

また、今後、活動先のお年寄りや子ども、障がいのある方と連絡をとりたい場合は、活動先のボランティア担当の方を通じて連絡しましょう。


4.丁寧なコミュニケーションをお願いします

やむをえない事情があって、遅刻や欠席をする場合は、必ず事前に活動先のボランティア担当者に事前に連絡してください。

活動先の方々は、ボランティアが来ることを楽しみにして、準備しているので、できるだけ早く連絡することが望ましいです。


5.活動先での配慮すべきことを確認しましょう

活動先によっていろいろなルールがあります。ボランティアを必要としている人や、ボランティアをする人が安心・安全に活動するためのルールです。どのようなことに気を付けたらよいのか、活動前に担当者から説明してもらい、確認してください。


以上です。

どうぞ、素敵なボランティア体験となりますように!



6.事前ガイダンス参加希望の方はこちらからお申込みください

※19歳以上の方はガイダンスへの参加は必須ではありません。ガイダンスでは上記1~4の注意事項や活動プログラムの紹介を行います。


7.お問い合わせ

社会福祉法人東京都社会福祉協議会

東京ボランティア・市民活動センター(TVAC)『夏ボラ』担当(田村・榎本・谷口)

※火曜から土曜 9:00~21:00、日曜 9:00~17:00、月曜・祝日は閉館日となります。

〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階

TEL:03-3235-1171

FAX:03-3235-0050

MAIL:summerv@tvac.or.jp