ボランティア・NPO・市民活動を応援する情報誌『ネットワーク』

ボランティア・市民活動を広げ、応援する!情報誌 『ネットワーク』

ネットワーク 353号(2018年4月号)
世代交代というバトン
継ぐか、終えるか、創るのか

「メンバーが高齢化し、活動の持続が難しい」「リーダーがカリスマすぎて、あとを継げる人がいない」など、世代交代に関する課題がよく聞かれる。

本特集では、世代交代を果たした事例、世代交代していない事例、別の組織を立ち上げた事例、そして、長く市民活動団体をサポートしてきたボランティアセンターにインタビューし、NPO・ボランティアグループの世代交代について考えてみたい。


〔特集〕 世代交代というバトン

  • 元気なうちに、「子ども世代」に引き継ぐ
    富永一夫(エヌピーオー・フュージョン長池)
  • 世代交代をすること、しないこと
    ──団体としてベストな方法を/開澤真一郎(NICE)
  • 新しい組織によって、新たな世代が参画する
    田中佳子(多摩川地区協議会)
  • 活動の継続とバトンタッチのヒントを探る
    ──セルフヘルプグループ・当事者活動団体の場合

    小林幸子(かながわボランティアセンター)

  • 〔あすマネ〕 イベントするけど、ボランティアってどう募ればいいの?
    ボランティア募集のポイント

  • 〔思い立ったがボラ日〕 STREET JAM
  • 〔セルフヘルプという力〕
    見が見えにくくなっても、できることが見つかる場所
    視覚障がい者ネットワーク コトリナ
  • 〔いいものみぃ~つけた!〕 ふんばろう ものづくりプロジェクト の 手芸製品
  • 〔トピックス〕 企業ボランティアの祭典2018


A4判・24ページ / 400円
こちらからお買い求めください!



試し読み

こちらのページから記事の一部を試読いただけます。