ボランティア・NPO・市民活動を応援する情報誌『ネットワーク』

ボランティア・市民活動を広げ、応援する!情報誌 『ネットワーク』

ネットワーク 344号(2016年10月号)
「居場所」のある暮らし

市民活動のテーマとして、「居場所」という言葉をよく耳にするようになった。その内容は、サロンやコミュニティカフェ、語り場、○○の家など呼び名もさまざまなら、活動の形態も幅広い。場所も常設ばかりでなく、たとえば月に1回、場をひらくものもある。

そうした多様な取り組みの中から今号では6つを紹介する。居場所に訪れる人の目線を中心にお伝えし、居場所とは何か、を解いてみたい。

料理をする、風呂に入る、おしゃべりをする、ちょっと寄る、居たいだけ居て好きに過ごすなど、ひとつの場で、ともに過ごすなかで、日常の重荷をおろして一息つき、自分を取り戻す人がいる、新たな生き方を見つける人もいる。そこには、居場所のつくり手が訪れる人を受けとめ、つくり込み過ぎないからこそうまれる、居場所の活動の多様さがある。誰にとっても当たり前のように、そうした居場所があるような、そんな地域が増えることに期待をもっている。


〔特集〕 「居場所」のある暮らし

  • おとこの台所、森のこみち、いたばし学校 1万人の居場所プロジェクト、光源寺、風呂デューサー
  • 岡さんのいえTOMOから考える 「居場所」って?

  • 〔思い立ったがボラ日〕
    スペシャルオリンピックス日本・東京
  • 〔セルフヘルプという力〕
    「非行」と向き合う親たちの会 あめあがりの会
  • 〔ぼらせんナビ〕
    フミコム(文京ボランティア・市民活動センター)
  • 〔いいものみぃ〜つけた!〕
    「友愛学園成人部」の芸術作品
  • 〔『ネットワーク』編集委員が選ぶ 今号の一作〕
    『アメリカ大都市の生と死』
    私たちが暮らす場所の一番の専門家は、私たちであるということ
    齋藤啓子(武蔵野美術大学)
  • 〔言葉をめぐる対話〕
    「当事者研究」と「セルフエスティーム」
  • 1年間の相談を振り返って(2015年度)
    TVAC相談窓口から


A4判・24ページ / 400円
こちらからお買い求めください!



試し読み

こちらのページから記事の一部を試読いただけます。