ボランティア・NPO・市民活動を応援する情報誌『ネットワーク』

ボランティア・市民活動を広げ、応援する!情報誌 『ネットワーク』

ネットワーク 355号(2018年8月号)
自己表現とエンパワメントの市民活動

「私」を表現し、周囲に伝えるということ。

それによって自分を力づよく存在させていくということ。

人にとって不可欠な、そんな営みに関わるさまざまな取り組みが存在している。

またこれらの取り組みには共通の特徴がある。複数の人びとが集まって表現することで、一人では難しいような形で表現を社会に届けることを可能にしているのだ。

こうした取り組みやグループを取材し、一人ひとりにとってのエンパワメントと社会にもたらすもの、ふたつの側面から探ってみたい。


〔特集〕 自己表現とエンパワメントの市民活動

  • ソケリッサ!という自己表現
    アオキ裕キ(新人Hソケリッサ!)
  • 誰でも、自分らしく、楽しく生きられる社会を目指して
    伊芸祐輝(東京レインボープライド)
  • 生きるよろこびを生む自己表現
    藤澤三佳(京都造形芸術大学芸術学部)

  • 〔思い立ったがボラ日〕 第3こぴあクラブ
  • 〔セルフヘルプという力〕
    若年性パーキンソン病患者がつながり、きぼうを持って生きていけるように
    若年発症パーキンソン病患者の「きぼうの会」
  • 〔いいものみぃ~つけた!〕
    難民自立支援ネットワーク(REN) の ビーズアクセサリー
    難民自立支援ネットワーク(REN)

  • 〔トピックス〕
    2017年度 1年間の相談を振り返って──TVAC相談窓口から


A4判・24ページ / 400円
こちらからお買い求めください!



試し読み

こちらのページから記事の一部を試読いただけます。