新着アイテム

¥550

NPO法人運営の経理

東京ボランティア・市民活動センター...

¥550

NPO法人運営の税務

東京ボランティア・市民活動センター...

¥408

ネットワーク 364号(2020年2月号)

東京ボランティア・市民活動センター...

¥408

ネットワーク 363号(2019年12月号)

東京ボランティア・市民活動センター...

¥408

ネットワーク 362号(2019年10月号)

東京ボランティア・市民活動センター...

» もっと

セール&キャンペーン

ピックアップ!

学校と地域の社会資源(保護者、PTA、地域住民、ボランティア・市民活動団体、企業など)が結びつき、多様な実践が生まれている。その一方で、部活動をはじめとする、教職員の過重労働などの課題が社会的にも注目されている。
今号では杉並区の学校支援課と区立松庵小学校の学校支援本部、学校と同本部との連携授業の事例を通して、市民が学校を支える可能性を考えてみたい。


学校と地域の社会資源(PTA、地域住民、ボランティア、市民活動団体など)が結びつくなかで市民学習と呼ばれる多様な実践が生まれてきた。一方、部活動をはじめとする教職員の過重労働といった問題点が社会的にも注目されている。
今回の特集では、2回にわたり、学校が地域や社会資源とうまく結びつきながら活動を行っている事例、教職員が過剰に繁忙になっている現状とそこに対しての取り組み等について、取材や機構を通して考えたい。


視覚・聴覚障がいに関する公的サービスは古くから整備されてきているとはいえ、生活の必要最低限がフォローできていればいいというわけではなく、日常で健常者よりも不便を感じることは少なからずある。
進学や資格取得、仕事のキャリアアップ、趣味を広げるなど、“より彩りある暮らし”を得るという次のステップに向けて進化を続ける活動団体や活動者への取材を通して、その現状と、さらなる未来のカタチを探りたい。

ネットワーク 361号(2019年8月号)

東京ボランティア・市民活動センター

ネットワーク 360号(2019年6月号)

東京ボランティア・市民活動センター

[おすすめアイテム]

ボランティア・市民活動助成ガイドブック2019-2020

東京ボランティア・市民活動センター

ネットワーク 359号(2019年4月号)

東京ボランティア・市民活動センター

[売れてます!]

ネットワーク 358号(2019年2月号)

東京ボランティア・市民活動センター

ネットワーク 357号(2018年12月号)

東京ボランティア・市民活動センター

ネットワーク 356号(2018年10月号)

東京ボランティア・市民活動センター

ネットワーク 355号(2018年8月号)

東京ボランティア・市民活動センター

[売れてます!] [おすすめアイテム]

被災者支援プログラム集

東京ボランティア・市民活動センター