ボランティア・NPO・市民活動を応援する情報誌『ネットワーク』

ボランティア・市民活動を広げ、応援する!情報誌 『ネットワーク』

ネットワーク 346号(2017年2月号)
まちの小さな自然を守る

つねに自然の恵みを受け、自然を観察し、自然と共存しながら私たち人類は生きてきた。私たちもまた大自然の中から生まれてきた《生きもの》の末裔だ。

現代の私たちはビルやアスファルトに囲まれ、自然から切り離されてしまったようにも見えるが、よく見てみれば都会の真ん中にさえ、泉が湧き、ほたるが飛び交い、渡り鳥が雛をはぐくむ場所がある。そしてそのまわりには、そうした《小さな自然》を何よりも大切に思い、守りつづける人たちがいた。

今回の特集ではそうした人たちの多様な取り組みを紹介し、まちにおける《小さな自然》の価値や、それらとの向きあいかた、そして、それらの取り組みが地域にもたらすものについて、考えてみたい。


〔特集〕 まちの小さな自然を守る

  • 都心でコアジサシの営巣地を守る / リトルターン・プロジェクト
  • 農村と清流の風景を次代に / 東久留米の水と景観を守る会
  • 地域ぐるみで守る地域の自然 / 清瀬の自然を守る会
  • 住宅街に残された蛍の飛ぶ緑地 / 成城みつ池を育てる会
  • 東京湾をよみがえらせたい / 木村 尚(海辺つくり研究会)
  • 小さな自然がもたらす楽縁機能 / 小場瀬令二(みどりのまちづくりセンター)

  • 〔あすマネ〕
    たくさんの人に活動を知ってもらうには? / プレスリリースのポイント

  • 〔思い立ったがボラ日〕 フリースクール全国ネットワーク
  • 〔ぼらせんナビ〕 足立区総合ボランティアセンタ
  • 〔セルフヘルプという力〕 アスペルガー・アラウンド
  • 〔いいものみぃ~つけた!〕 クラフト工房 La Mano
  • 〔言葉をめぐる対話〕 「ヘルプマーク」と「社会的養護」
  • 〔映画と市民〕 シン・ゴジラ / 瀧澤利行(茨城大学教育学部教授)


A4判・24ページ / 400円
こちらからお買い求めください!



試し読み

こちらのページから記事の一部を試読いただけます。