ボランティア・NPO・市民活動を応援する情報誌『ネットワーク』

ボランティア・市民活動を広げ、応援する!情報誌 『ネットワーク』

ネットワーク 372号(2021年6月号)
若者に寄り添う市民活動 ~ 若年の妊娠

生活困窮や孤立、引きこもりや不登校、就学・就労問題……若者はさまざまな課題に直面している。そして、若者に対して寄り添い、支援をしている市民活動がある。その活動の取り組みから見える社会の問題とは何なのか、シリーズとして本誌で伝えていきたいと考えている。

今号では、「若年の妊娠」にフォーカスをあてた。誰にも相談できずようやくたどり着いた先で、それぞれの活動が、どのような視点や考えに基づき、どのように本人への寄り添いや支援に取り組んでいるのかについて、市民活動団体に取材や寄稿を依頼した。「妊娠」をめぐって若い女性が抱える課題や生活の現実などをふまえ、それらを女性だけの問題としないためにどうするべきかを考える機会としたい。


〔特集〕若者に寄り添う市民活動 ~ 若年の妊娠

  • “にんしん”をきっかけに、誰もが孤立することなく、
    自由に幸せに生きることができる社会』の実現に向けて

    NPO法人ピッコラーレ
  • 「対症療法」ではなく、その後の未来を描けるように
    10代・20代の妊娠SOS新宿—キッズ&ファミリー
  • 母親である前に、一人の若者としてのサポートを
    サンカクシャ

  • 〔思い立ったがボラ日〕
    一人だけど、みんなでできるボランティア
    全国の人と一緒にオンラインゴミ拾い
    / ヘブボラ八王子
  • 〔セルフヘルプという力〕
    聞き取りが困難なのに聴覚検査は異常なし
    知られていないAPD
    / 喜島隆大さん
  • 〔いいものみぃ~つけた!〕
    海洋プラスティックのアクセサリー
    aid to(荒川クリーンエイド・フォーラム)
  • 〔つぶやきブレイク〕 幸田文『きもの』
  • 〔トピックス〕 TVAC相談窓口から 1年間の相談を振り返って(2020年度)