ボラ市民ウェブ
新型コロナウイルス NPOから寄せられるQ&A(相談窓口から)
ボランティアのことを聞きたい!NPO活動のことを知りたいなら、ボランティア・市民活動センターへ
ボランティアを考えている企業・社員の方々はこちらページへ
地域に根ざす中間支援組織スタッフのための支援力アップ塾
TVACの本はこちらへ
ボランティア・市民活動を広げ、応援する情報誌。ネットワーク

東京ボランティア・市民活動センター(TVAC)は、ボランティア・市民活動の情報を発信しています。

  • 情報を探す
  • 相談する
  • 助成金情報
  • TVACとは?
  • 団体を探す
  • 投稿する

今日のトピックス

  • イベント・講座 NPO法人CRファクトリー より
    リアルとオンラインの “ハイブリッド運営”の道を探る ~コロナ状況下で市民活動・コミュニティ活動をどう進めるか?〜

    9月10月の感染の収まりによって、リアルな場をつくる動きが少しずつ見られるようになってきました。2020年度も下半期に入り、残り半年間の活動をどう進めるか、前向きで活発化した動きも出てきたように思います。

    その矢先の第3波、感染拡大。
    やはりこの新型コロナウイルスは「ハンマー&ダンス」(制限と緩和)を繰り返す長期戦であることを思い知らされています。
    先行き不透明な雰囲気が再び漂ってきていますね。

    こういうときに大切なのは横の情報交換と対話です。

    ここは焦らずにみんなで対話や情報交換をしながら知恵を出し合うことが大切です。
    みんなで悩みや現状を話し合う(分かち合う)ことで、それぞれの現場や状況が見えてきて、
    「大変なのは自分たちだけじゃない」と思えて、心も冷静さを取り戻します。

    また、こんな状況下でも、いろいろなことを考えて試行錯誤している人たちと出逢い、
    事例やノウハウを聞くことで、それをヒントに自分たちの活動をまた前に進められるような気持ちになってきます。

    そのための場がこの「コミュニティマネジメントカフェ」です。
    ぜひ気軽な気持ちで、悩みや行き詰まりを抱えつつ、ちょっとした取り組み事例やノウハウを持参して参加してください。

    ●オンラインでのミーティングやイベントって、みんなはどうやってるの?
    ●リアルな場をつくるにあたって、実際にはどんなことに気をつけてる?
    ●リアルが良い場合とオンラインが良い場合の使い分けってどうしたらいいんだろう?

    みんな試行錯誤しながら、正解なき時代をがんばっていると思います。
    一人でがんばらずに、みんなで対話や情報交換をしながら、次の一手や突破口を考えていきましょう。ぜひご参加ください。

情報を探す