夏の体験ボランティアキャンペーン2019

夏のリモート・ボランティア2021
~はなれていても、つながれる~
参加者募集!

コロナ禍でも人と人とが安全につながり、支えあうために、在宅やオンラインでできるリモート・ボランティア(リモボラ)活動の参加者を募集します!


1.『夏のリモート・ボランティア2021』について

今年で2年目の開催となります。昨年は子どもからシニアまで約2,500名が、全国各地や海外から参加してくれました。今年もたくさん方の参加をお待ちしています。


主催東京ボランティア・市民活動センター


特別協賛 デロイト トーマツ グループ


開催期間2021年7月~9月

※活動プログラムによって日時が違います。


活動内容在宅やオンラインでできるボランティア活動やボランティア関連セミナー

例えば、以下のような活動があります。詳しくは後のページでご紹介します。

  • 高齢者施設の方々とZoomでの交流(特技披露、おしゃべりタイムなど)や、暑中見舞やうちわのプレゼントなど。
  • 障害のある人たちと一緒に手紙やZoomを使ってアートで交流など。
  • 子どもの施設とZoomを使った図鑑づくりや子どものいる家庭のためのレシピ本づくりなど。
  • 外国ルーツの子どもたちに、日本の高校についてのZoom説明会、海外の子どもたちのために絵本のプレゼントなど。
  • 森づくりの廃材を活用したおもちゃを作り子どもたちの施設にプレゼント、環境保護についての動画を見てのアンケートなど。
  • オンラインでつながりながら、ごみ拾いなどをしながら街をパトロールなど。

参加対象・募集人数活動プログラムによって違います。


参加費無料のものがほとんどですが、参加費がかかる活動プログラムもあります。


2.参加方法について

STEP1下記の「3.参加にあたってのお願い」を必ず読んでください。

※読んだら、「以上のことに同意して、活動プログラムを検索」をクリックしてください。


STEP2参加したい活動プログラムを選んで、申し込みます。

※複数選ぶこともできますが、参加できるものだけに申し込んでください。


STEP3申し込んだ活動先からメールまたは電話で連絡が来ます。

※活動先からの連絡が入るように携帯やPCを設定してください。


STEP4リモート・ボランティアを体験します。

※活動によっては、Zoomを使った事前説明会や打ち合わせがあります。


STEP5参加者アンケートに回答してください。

※9月下旬頃、本センターからメールをしますので、ぜひ、感想をお知らせください。


3.参加にあたってのお願い

  1. 未成年の方は必ず保護者の許可を得て、参加してください。
  2. 新型コロナウィルスの感染予防のため、友達や同僚の方と集まらず、各自、自宅で作業したり、オンラインで参加してください。
  3. オンラインで参加の場合、たくさんのデータ通信量を必要とする場合があります。参加にあたっては、通信会社との契約内容を確認したり、Wi-Fiが使えるかをご確認ください。通信料については参加者の自己負担となります。
  4. ボランティア活動先で知り合った方々の個人情報(名前や連絡先、映像等、その方を特定できるような情報)については守秘義務がありますので、口外したり、インターネットで発信するのは厳禁とします。写真(スクショ)や録画を撮る場合は、必ず事前に活動先のスタッフの許可を得てください。
  5. リモート・ボランティアは、在宅やオンラインで活動するので、本センターや活動先の団体がそばで監督することができません。そのため、ケガや物品の破損などがないように各自の責任で十分に気を付けて活動してください。Zoomなど、オンラインでつながって活動している最中のケガや事故などについては「ボランティア保険」が適用になる場合がありますので、活動前に東京福祉企画にご相談ください。「ボランティア保険」の申込受付は、各地のボランティア・センターで行っています。
    参考 ボランティア保険について(東京福祉企画)
  6. 活動中に困ったことやわからないことがある場合は、活動先の担当者や本センターに相談してください。

東京ボランティア・市民活動センター リモボラ担当

〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階

TEL: 03-3235-1171 FAX:03-3235-0050 ※月曜日と祭日は閉館しています。

問い合わせフォームはこちら


4.参加者の個人情報の取り扱いについて

お申込みの際にいただいた参加者の個人情報は、本センターの定める「個人情報に関する指針」に基づき、適切に管理し、当センターの事業のご案内に利用させていただきます。また、この指針に従いながら、活動先とも本事業の運営のために参加者の個人情報を共有します。

個人情報に関する指針について

なお、東京ボランティア・市民活動センター以外にも、リモート・ボランティアを募集しているところがあります。