ボラ市民ウェブ

これまでの「今日のトピックス」

2022年12月4日のトピックス

  • イベント・講座 ソーシャル・ジャスティス基金 より
    『ソーシャル・ジャスティス基金 助成発表フォーラム第11回』

    ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)の新たな助成事業が第11回公募により決定されました。いま日本にはジェンダー平等の実現を目指すどのような取り組みがあるでしょうか。なかでも見逃されがちだが大切な問題について、インターセクショナルな視点で、未来を担う世代が中心になって取り組むアドボカシー活動(社会提言、仕組みや政策・法制度の改善提案)を積極的に助成しています。そういった活動に取り組んでいる団体から課題と展望を発表いただき、対話交流を行い、よりよい社会を一緒につくっていく希望を見出せましたら幸いです。

2022年12月3日のトピックス

  • イベント・講座 認定特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA) より
    市民の参加と協働を進めるコーディネーション研究集会(JVCC)2022

    市民の参加と協働を進めるコーディネーション研究集会(JVCC2022)
    JVCC2022は、2022年12月17日(土)~12月18日(日)に開催!
    Zoomを活用したオンライン型と東京・大阪・京都を会場とした対面型、2種類の分科会を実施する予定です。
    今回は、ここ2回のテーマとしてきた「越境×対話×共創」を引き継ぎながら、市民の参加を支える人材の“越境型プラットフォーム”の構築を目指します。参加することで得る、新たな学びとつながりが、地域での共創の実践に発展していけば幸いです。オンラインと対面での開催という新しい挑戦ではありますが、様々な分野で活躍する皆さまが、それぞれの知識や経験を持ちよることにより、全国の仲間とともに、「参加と協働」をさらに進める機会となることを願っています。

  • イベント・講座 JICA地球ひろば より
    【小学生対象/対面イベント】
    知ってる?山岳地域に住む子どもたち。ブータンの子どもみたいに絵を描いてみよう!(12/26)

    ブータンで図工の先生をしていた元JICA海外協力隊がクイズでブータンを紹介します。
    クイズの後には、ブータンの子どもたちと同じように野菜や果物の絵を描いてみましょう!

2022年12月2日のトピックス

2022年12月1日のトピックス

2022年11月30日のトピックス

  • お知らせ TVAC より
    子ども食堂関係者向け学習会「子ども食堂と『防災』の話」
    ~防災をテーマに地域とのつながりを考える~

    近年の台風・豪雨による水害や発生する確率が高いとされている震災に関連して、子ども食堂でも関心の高い「防災」に関する話しです。子ども食堂を開いているときの災害にも・それ以外の時に起こった災害にも、いざというときのためにどのようにそなえておくのか、その時のために大切な地域とのつながりや取組みなどについてお話しをきくとともに、マニュアルや備蓄、いざというときの食糧確保や配布・炊き出し等の事例もご紹介します。
    都内で子ども食堂などに関わりのある方ならどなたでもご参加いただけます。

2022年11月29日のトピックス

  • 助成金 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団 より
    令和5(2023)年度の「住まいとコミュニティづくり活動助成」の助成対象団体を募集します

    「住まいとコミュニティづくり活動助成」は、ハウジングアンドコミュニティ財団の自主事業として1993年度から開始したユニークな助成プログラムで、市民の自発的な住まいづくりやコミュニティの創出、そして、地域づくり活動を一貫して支援してきました。30年間にわたる助成件数は延べ461件にのぼり、各団体の活動成果は大きな社会的評価を得ています。
    市民主体の活動は、全国各地で展開されるようになり、この助成がきっかけで大きく発展した活動も増えています。
    令和5(2023)年度は、今日の住まいとコミュニティに関する多様な社会的課題に対応するため、「コミュニティ活動助成」と「住まい活動助成」の二本立てとし、それぞれに対して助成を行います。
    皆様からの意欲に満ちたご応募をお待ちしています。

  • イベント・講座 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団 より
    令和5(2023)年度公募に向けた「住まいとコミュニティづくり活動助成」
    オンライン個別応募相談会

    令和5(2023)年度の助成の公募にあたり、オンライン個別応募相談会を開催します。助成の応募を検討されている皆様のご参加をお待ちしています。

2022年11月28日のトピックス

2022年11月26日のトピックス

  • イベント・講座 若年認知症サポートセンター より
    事例でまなぶ若年認知症

    認知症相談の専門職からも「若年認知症は勉強したが、実際の暮らしや支援の仕方をイメージできない」との声がよく聞かれます。本研修はいきいきとした事例を通じて、知識を実践へと柔軟につなぐことを目指します。本年度は、日常の実践でよくであう場面を中心に採り上げます。

  • イベント・講座 わかちあい練馬 より
    12月4日(日)「わかちあい練馬・なんでも相談会」を開催!

    くらしや生き方で困っていたり、ひとりでつらさや悩みを抱えていませんか。
    わかちあい練馬は、月に一度、相談会をやっています。
    生活保護の申請をはじめ、自立支援センターや緊急小口資金の利用方法など、お一人おひとりの事情に添って、利用できるサービスや制度をご案内、ご紹介します。

    もちろん無料です。事前の申し込みも要りません。どうぞお気軽にお越しください。
    困ってること、悩みごと…話だけでも聞いてほしい…お茶やお菓子も用意してます。気軽にご利用してください。
    お待ちしています。

2022年11月25日のトピックス

  • イベント・講座 一般社団法人 全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会 より
    【ひととき講座】

    今回は「就労」に焦点を当て、若年性認知症支援コーディネーターとして東京都で活躍されている来島みのり氏に、就労支援の現状を若年認知症の方の「就労」の意義と位置づけから講義してもらいます。対談セッションでは、若年認知症当事者の立場から、就労・生活・認知症との関係について、どのような思いを持っているのかをお聞きしていきます。
    若年認知症の就労支援のみならず、本人支援について考えたい方々必見の講座となっています。

2022年11月24日のトピックス

2022年11月23日のトピックス

2022年11月22日のトピックス

  • イベント・講座 聖心女子大学グローバル共生研究所 より
    【高校生・大学生対象】地域日本語教室ボランティアのすすめ・冬講座

    日本に住む外国人と一緒に活動をしてみませんか。現在日本に住んでいる多くの外国人は、
    地域日本語教室で日本語を勉強しています。
    教室は全国にあり(東京都だけでも250カ所以上)、ボランティアは絶賛募集中です。
    本講座では、日本語ボランティアのいろはや日本語教育の面白さをお伝えします。

  • イベント・講座 障害者理解啓発グループおおた〜ツタエルチカラ〜 より
    ツタエルチカラ理解啓発プロジェクト2022
    「演劇鑑賞会『私、精神科医編』&くるみざわしんさんトークイベント」

    精神科病院を舞台にした「私、精神科医療編」演劇鑑賞会と本作の作者である劇作家のくるみざわしん氏をお招きしたトークイベントを開催します。企画を通じて、精神障害者にとって密接な精神科医療を巡る現状について、多様な視点を用いながら学びを深めるとともに、広く障害理解の普及を目的としたプロジェクトです。

2022年11月21日のトピックス

  • イベント・講座 中野ボランティアセンター より
    障害の理解と共に学ぶ災害講座 地域との繋がりで災害に強い街づくり

    障害のある方が被災をされた際、どのような困りごとがあるでしょうか。
    第一部では、東日本大震災の際に区内で被災した、障害のある大江崚太氏をお招きし、障害当事者の被災体験から分かる災害について学びます。
    また第二部ではサンダーバード副代表理事の高橋洋氏をお招きし、災害が起きた際に一人ひとりにできる災害対応について考える講座を実施します。

情報を探す