ボラ市民ウェブ
TVACニュース

(2017年1月9日 / TVAC )

お知らせ

市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2017 分科会紹介2
No.3 NPO・地域活動に関わる人たちのキャリアにまつわる“もやもや”を語るカフェ
No.23 遠いようで近い社会1〜現場から考えてみよう〜

キーワード
フォーラム 、 キャリア 、 現場 、 偏見 、 セカンドキャリア

※この情報は掲載期限を過ぎたものです。

2/10(金) 〜 2/12(日)に開催される「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2017」では、26の分科会を予定しています。

このページでは、分科会No.3 「NPO・地域活動に関わる人たちのキャリアにまつわる“もやもや”を語るカフェ」分科会No.23 「遠いようで近い社会1〜現場から考えてみよう〜」をご紹介いたします。


No.3 NPO・地域活動に関わる人たちのキャリアにまつわる“もやもや”を語るカフェ


NPO・地域活動に関わる人々の生活は収入や社会保障などの面で安定的ではなく、そうした仕事が魅力あるキャリア(職歴)として社会的に認められているとは言いがたい現状があります。どうしたらNPO・地域に関わることで生活を安定させ、キャリアの選択肢の一つとして考えることができるのか、その“もやもや”を話し合ってみませんか?


日時: 2月10日(金)19:00〜21:00

会場:飯田橋セントラルプラザ

定員: 20名

話題提供:

関口 宏聡さん(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会)

市川 望美さん(非営利型株式会社ポラリス)

石山 恒貴さん(法政大学大学院政策創造研究科 教授)

おすすめ: 20〜40代できちんとした職業、仕事としてNPOや地域活動に継続的に関わっていきたいと考えている方

キーワード: NPO、地域活動、キャリアアップ、ワークライフバランス、若者の社会参加


No.23 遠いようで近い社会1〜現場から考えてみよう〜


社会的偏見をもたれることの多い「風俗」。その入り口は、もしかしたら思ったより身近で簡単かもしれません。でも出口を見つけるのがとても難しい。それが今の日本社会の現実。そんな女性たちのセカンドキャリアを支援する講師や実際に「風俗」で働く女性から、その職場で話を聞くことで、同じ女性として偏見に至る社会的背景を考えます。

女性限定


日時: 2月10日(金)19:00〜21:00(集合時間18:50)

集合場所:JR大宮駅(参加者の方に別途お知らせいたします)

定員: 10名

出演:

風俗業経験女性

角間 惇一郎さん(一般社団法人 Grow As People 代表理事)

おすすめ: 女性の抱える問題に関心のある方、分科会No.9に参加予定の方など

キーワード: 社会、偏見


お申込み、他の分科会の情報は公式サイトから







情報を探す