ボラ市民ウェブ
TVACニュース

(2021年1月30日 / TVAC )

お知らせ

東京ボランティア・市民活動センターからのメッセージ

キーワード
新型コロナ 、 コロナ 、 ボランティア 、 NPO 、 市民活動

新型コロナウイルスによる感染は、2021年になり予想をはるかに超えて拡大を続け、東京に再び緊急事態宣言が発出される事態となりました。

日々の暮らしの厳しさが増大し、多様な人が多様な悩みを抱え苦しむ状況が生まれています。病を抱えた人、障害と共に生きている人、子育てと家計の維持に悩むひとり親のみなさん、外国籍の人、誰ともつながりを持てず不安を抱えて閉じこもってしまっている人もいらっしゃいます。

東京ボランティア・市民活動センターは、こうした声にならない苦しみに耳を澄ませ、悩みや苦しみを抱える方自身や多くの方に参画していただきながら、ひとりぼっちをつくらない安心・安全な地域社会を築くことを決意します。

現在行っている相談や情報発信については中止することなく、市民のみなさまが参画しやすいよう新型コロナウイルスに関する様々なボランティア・市民活動のための情報を発信していきます。

一人ひとりの市民、そして、多様な市民活動団体や活動支援団体のみなさまと力を合わせ、その活動を進めていくことで、このコロナ禍の厳しい状況を乗り越えていきたいと考えています。

希望を見出しにくい現実の中にありますが、ひるむことなく、多様な人々と一緒に困難に取り組み、今日・明日の確かな一歩を築くための勇気とつながりを大切にしてまいりたいと願っています。ぜひ、センターにお声とお力をお寄せください。


情報を探す