ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【特定非営利活動法人 子どもセンターてんぽ】
特定非営利活動法人 子どもセンターてんぽ
子どもシェルターてんぽのボランティア講座

受付は終了しました

掲載日:2017年1月24日

ID:40180

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

内容

子どもセンターてんぽは、児童虐待等が理由で安心して暮らせる場所がない10代後半の子どもたちが生活するシェルター(定員:男女6名、場所は非公開※横浜市内)と自立援助ホーム(定員:女子6名、場所は南足柄市)を運営しているNPO法人です。

てんぽでは年に2度、子どものシェルターや自立援助ホームでの支援に関心のある方、シェルターでのボランティアをお考えの方を対象にした、ボランティア講座を開催しています。

この度、2017年春講座の募集をします。是非ご参加ください!

なお、本講座自体は、4回全ての出席が難しい方でも受講できます。


日時

2017年3月4日(土) 9:20〜12:00

2017年3月11日(土) 9:20〜12:00

2017年3月25日(土) 9:20〜12:00

2017年4月1日(土) 9:20〜12:00


シェルターでのボランティアを希望される方は、下記の面接・説明会を受けて頂くことになります。

2017年4月15日(土) 9:20〜12:00


場所

横浜市西区社会福祉協議会 3階

横浜市西区高島 2-7-1ファーストプレイス横浜3階

http://www.yoko-nishishakyo.jp/


内容

第1回目 「てんぽの必要性と子どもシェルターにおける支援」

(前半)子どもシェルターの必要性,どんな子どもを対象にしているか等。

(後半)シェルター利用者に対して,どんな支援を行っているか。

講師予定者:事務局長 高橋温 、シェルター関係者

第2回目 「子どもの権利・児童虐待」

(前半)子どもの権利の意義など。

(後半)児童虐待を受けた子どもの特性など

講師予定者:横浜チャイルドライン代表理事 徳丸のり子

第3回目 「子どもの話を聴くとは」

子どもの話を聴くとはどういうことか。そこから見えてくる子どもたちの現状。

講師予定者:理事長/弁護士 影山秀人 弁護士 野口容子

第4回目 「ボランティアと子どものの関わり」

シェルターにおける利用者支援の中で,ボランティアにはどのように関わってもらいたいかを関係者から説明し,先輩ボランティアから体験を話してもらった上で,グループミーティング。

講師予定者:シェルター関係者、現ボランティア


参加費

1回1,000円


申し込み方法

ファックスまたは郵送

申し込み用紙はてんぽHPからダウンロードしてください。

http://www.tempo-kanagawa.org/


申し込み締め切り

2017年2月17日(金)

募集要項

この情報に関するお問い合わせ

主催・問い合わせ先

特定非営利活動法人 子どもセンターてんぽ

〒222-0033横浜市港北区新横浜 3-18-3 新横浜KSビル4階 新横浜法律事務所内

TEL:045-473-1959

FAX:045-477-5822

E-mail:info@tempo-kanagawa.org

URL:http://www.tempo-kanagawa.org/