ボラ市民ウェブ
助成金

【公益財団法人 電通育英会】
2019年度 学生を対象とする人材育成活動助成事業募集のご案内

掲載期限 : 2018年12月3日(月)
 

ID:44639

趣旨

公益財団法人 電通育英会は、株式会社電通 第四代社長の吉田秀雄氏が生前から抱いていた、「人材の育成は終局の目標である」という信条を実現するために、1963年3月に財団法人として設立されました。2011年4月からは公益財団法人に移行し、以来、「社会有用な人材育成」をもくてきに、大学・大学院生への給付型奨学金事業を中心に、大学教育に資する調査研究とデータの公開、会報誌「IKUEI NEWS」の発行など、人材育成を支援する様々な事業を展開しております。

そして、大きく変革する社会に対応できる有用な人材育成を、さらに一歩進めるための事業として、2012年4月より、大学生を中心とした学生(高校生から大学院生まで)を対象とした人材育成に取組んでいる大学学内組織やNPO法人等の活動(※)に対する助成事業を行っており、学生の人材育成を側面から支援しています。

キャリア形成支援、インターンシップ、ボランティア活動、学習支援、各種セミナーなど

2019年度の募集要項が決定いたしましたので、ご案内申し上げます。次ページ以降の「募集要項」をよくお読みの上、ご応募ください。

主要項目

対象

助成対象となる団体
○東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県に主たる事務所(拠点)がある大学内ボランティアセンター、NPOなどの営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません)
※大学内ボランティアセンターのような学内組織ではない学生グループの場合は、大学公認または指導教員がいることを条件とします。
※法人の場合は1年以上の活動実績があることを条件とします。

助成対象となる事業・プログラム
○主として日本国内で実施する事業・プログラム
○学生(高校生から大学院生まで)の人材育成を目的に実施している、または実施予定の事業・プログラム
※直接的な人材育成を目的とした活動(セミナー、ワークショップ、コンテスト等)のほか、活動に参加することによって人材育成に寄与する、地域・コミュニティ支援や災害支援などを含みます。

【注意事項】
●他の民間団体からの助成を受けている(受ける予定のある)団体は、当財団への申請事業と他の民間団体から助成を受ける事業との区分を明確にしていただくことが必要です。
●単位の取得を前提とする大学等の正課に伴う活動は助成対象外とします。

助成金

対象となる助成期間
○2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)
※なお、2年目も継続する活動であっても、新たな申請によって次年度の助成を認める場合があります。
(但し、上限2年間)

助成金額
○1件(一団体)あたりの上限金額は100万円とし、単年度助成とします(期間中に完了)

申込み締切

2018年12月3日(月)

申込み方法・備考

応募方法
○当財団所定の2019年度助成申込書(電通育英会ホームページの助成事業のタブからダウンロードできます)に必要事項を記入の上、下記①~③の書類を添えて当財団まで郵送してください。
①団体の概要(事業経歴書、実績を示す資料、代表者の略歴、その他)※様式不問
②2017年度(平成29年度)の決算資料・活動報告書 ※様式不問
③会則(お持ちの団体はご提出ください)

その他、活動内容等の説明にあたって、必要と思われる資料がある場合は添付してください。当財団から追加の資料を求めることもあります。なお、ご応募いただいた書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

助成申請に関して収集した資料は、電通育英会の個人情報保護方針に基づき、助成事業に関する事務手続き、助成事業の募集・選考を行うことを目的に利用します。

<問い合わせ先・応募書類送付先>
〒104-0061
東京都中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル4階
Tel:03-3575-1386 Fax:03-3575-1577
Mail:josei@dentsu-ikueikai.or.jp

公益財団法人 電通育英会  事務局 担当:山本

内容

助成対象となる経費<助成金の使途>

◆本助成事業を実施するために必要な以下の経費を対象とします。

人件費(助成金額30%を上限とする)、諸謝金(※1)、会議費(※2)、消耗備品購入費、交通費、

通信費、郵送料・宅急便代、印刷製本費

1)講師など外部の専門家に対する謝金

2)会場費、会議設営費、会議での菓子代など

◆対象とならない費用

本事業と直接関わりのない経費

活動拠点となる事業所の賃貸料・水道光熱費

同事業所で恒常的に使用する什器・備品等の購入費

◆選考

選考方法

選考委員会による書類選考ののち、書類選考通過団体に対する面接選考を行い、助成団体を決定します。

面接選考の期日は書類選考を通過した団体に対してご連絡します。

選考基準

<目的と成果>

事業による人材育成の目的が明確で充分な成果が期待できるか

<実現性>

体制、計画、予算、スケジュール等が適切で実現可能か

<継続性・発展性>

継続性があり、将来的なステップアップや広がりに期待がもてるか

◆採否の決定

2019年2月末日までに採否を決定し、申請団体に通知します。

◆助成情報ウェブサイト

より詳しい募集要項は、下記URL先の財団ウェブサイトをご覧ください。

https://www.dentsu-ikueikai.or.jp/transmission/subsidy/about/

この情報に関するお問い合わせ

〒104-0061

東京都中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル4階

Tel:03-3575-1386 Fax:03-3575-1577

Mail:josei@dentsu-ikueikai.or.jp

公益財団法人 電通育英会  事務局 担当:山本