ボラ市民ウェブ
寄付・募金・購入

【チェルノブイリ子ども基金】
2019年 チェルノブイリ33周年救援カレンダー 発売中!

掲載期限 : 2019年10月24日(木)
 

ID:44690
キーワード:
カレンダーチェルノブイリチャリティー原発子ども
活動テーマ:
医療・疾病・難病 、 国際協力 、 環境 、 障がい者 、 子ども 、 災害・被災地
団体名:
チェルノブイリ子ども基金

趣旨

チェルノブイリ子ども基金がウクライナとベラルーシで開催している保養プロジェクト。さまざまな病気を抱える子どもたち、また甲状腺の手術を受けた親とその子どもたちが集い、彼らのこころとからだの健康維持・恢復に大きく役立っています。このカレンダーは、そんな保養に参加した親子や、日本の里親から支援を受けている子どもたちの写真で構成されています。サイズは従来の1/2、コンパクトになりました。プレゼントにも最適です。

主要項目

申込み方法・備考

E-mail 、Faxまたは郵送でお申し込みください。

チェルノブイリ子ども基金
E-mail:cherno1986@jcom.zaq.ne.jp
FAX:03-6767-8808
〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-16-15-408


●お支払方法:お届けするカレンダーに同封の郵便振替用紙でお振り込みください。

内容

汚染されていない土地で、安全な食べ物を食べて過ごす保養。のびのびと遊ぶことで、汚染地域に暮らす子どもたちの免疫機能は回復し、病気になりにくくなります。

「チェルノブイリ子ども基金」は1996年から、ウクライナとベラルーシの甲状腺手術後の子どもたちの保養プロジェクトを現地のサナトリウムで開催。2008年からは、ほかのさまざまな病気の子どもたち、また甲状腺手術を受けた親とその子どもたちも保養に招待しています。

このカレンダーは、そんな保養に参加した親子や、日本の里親から支援を受けている子どもたちの写真で構成されています。カレンダーの収益はチェルノブイリと福島の原発事故により被災した子どもたちの救援金にあてられます。プレゼントにもぜひどうぞ!

【定価】 700円(送料別)、10部以上の場合は1部600円(送料無料)
【サイズ】 縦30 cm×21 cm(見開きA4サイズ)
【撮影】 チェルノブイリ子ども基金 佐々木真理
【デザイン】 川島進デザイン室 川島進
【発行・制作】 チェルノブイリ子ども基金


この情報に関するお問い合わせ

チェルノブイリ子ども基金

E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

TEL&FAX 03-6767-8808

HP http://ccfj.la.coocan.jp/

団体紹介
団体名称 : チェルノブイリ子ども基金
1991年4月設立。チェルノブイリ原発事故被害者に対するさまざまな支援活動を行っています。これまでに、医療機器、医薬品、ミルク、教材、放射線検知器のほか、数十トンの救援物資を贈っています。また、チェルノブイリ原発事故で被害に遭った子どもやその親をウクライナとベラルーシのサナトリウムでの保養に招待しています。