ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【新宿区】
ミャンマーでの図書館事業とは 「世界の村で発見!こんなところに日本人」に出演した伊藤が語ります~ミャンマーに届ける翻訳絵本作りワークショップ同時開催~

  • 「1日だけ参加」も可
  • 午後6時以降可
  • 初心者歓迎
掲載期限 : 2018年12月21日(金)
 

ID:44965
キーワード:
NGOビルマミャンマー国際協力
活動テーマ:
国際協力 、 子ども
団体名:
新宿区

趣旨

ミャンマーの図書館事業の報告とミャンマーに届ける翻訳絵本作りを行います。

主要項目

開催日

2018年12月21日(金)


19:00-20:30 (開場18:30)

地域

渋谷区

場所

聖心グローバルプラザ 1階 ワークショップスペース
(東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館)
※最寄駅 東京メトロ日比谷線「広尾」駅 4番出口から徒歩1分

▽アクセス
http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

対象

<こんな人にオススメ>
・ミャンマーに関心がある方
・海外で働いてみたい、NGOで働いてみたい方
・ミャンマーでの図書館事業について知りたい方

申込み締切

2018年12月21日(金)

申込み方法・備考

●お申込み方法
▽こちらのWEBフォームよりお申し込みください。
https://sva.or.jp/contact/event/701100000004f0h.html
*準備の関係上、参加希望の方は上記申込フォームから事前にお申し込みをお願いします。

●定員
30人(定員になり次第〆切)

内容

2018年11月13日、テレビ朝日「世界の村で発見!こんなところに日本人」にミャンマー事務所の伊藤が出演しました。

番組では「伊藤がなぜミャンマーで活動をしているのか」が取り上げられましたが、番組終了後「もっと事業のことが知りたい」、「そもそもなぜ図書館を支援する必要があるのか」という声が届きました。

そこで、番組では伝えきれなかったミャンマーの図書館事業の実態を、番組に出演した伊藤杏子がお伝えします。

イベントでは、ミャンマーの子どもたちに届ける翻訳絵本作りワークショップも行います。

クリスマス前の夜に、ミャンマーの絵本を知らない子どもたちに届く絵本作りにご参加ください。

参加費

無料

持ち物

はさみ

ボールペン

(絵本に貼る翻訳シールを切り、絵本に現地語で名前を書くために使用します)

主催

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会


プログラム

18:30 受付開始

19:00 報告会「ミャンマーでの図書館事業とは」(登壇:伊藤杏子)

20:00 翻訳絵本作りワークショップ

20:30 イベント終了

登壇者

伊藤 杏子

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 ミャンマー事務所 事業調整員。

ITメーカー勤務後、英国で教育と開発を学びに大学院留学の後、シャンティに入職。

東京事務所でアフガニスタンやミャンマー、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプの事業担当を勤めた後、現職。

▽イベントにつきまして詳しくはこちらのページをご覧ください。

http://sva.or.jp/wp/?p=31249

この情報に関するお問い合わせ

〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

担当:広報課

Tel:03-6457-4585

Fax:03-5360-1220

Email:pr@sva.or.jp

団体紹介
団体名称 : 新宿区
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)は、
アジア地域で教育・文化支援を行う国際協力NGOです。
地球上の貧困や戦争、環境破壊、災害などによって苦しむ人々のそばに立ち、
苦しみを分かち合い、その人々と共に解決するための活動を行っています。