ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)】
1/26-27 東京開催 災害ボランティアリーダートレーニング

掲載期限 : 2019年1月26日(土)
 

ID:45013
キーワード:
ボランティアリーダー災害支援
活動テーマ:
国際協力 、 災害・被災地
団体名:
ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

趣旨

災害ボランティアリーダーは、被災地・被災者を中心に考え、個人単位のボランティアとともに緊急・復旧支援を行なうボランティアです。

東日本大震災の発災当初、被災地でボランティアの受け入れが十分に進まなかった原因の一つは、ボランティアリーダーの不足でした。

特に大規模災害時には、行政を含む関係機関、そして全国から多様なボランティアが被災地に集まります。

その中で、ボランティアリーダーは、刻一刻と変化する状況を的確に把握し、被災地という危険と隣り合わせの環境下での安全を確保しながら、地元住民と個人単位のボランティアをつなぐ重要な存在でもあります。

この講座ではそのようなリーダーを養成することを目指しています。

主要項目

開催日

2019年1月26日(土)

2019年1月27日(日)


10:00 - 18:00 (両日とも)

地域

新宿区

場所

新宿区立防災センター(東京都新宿区市谷仲之町2-42)

対象

下記の講座のいずれかを受講した者、もしくは災害ボランティア経験を有する者
「災害ボランティア入門」(主催:PBV)
「災害ボランティア入門(Web検定)」(主催:PBV)
「災害ボランティア研修」等 (主催:行政または各社会福祉協議会)
また、「救急救命講習」の受講と「ボランティア保険(天災タイプ)」の加入を推奨しています。
「救急救命講習」は、消防署や日本赤十字社などの公的機関、もしくは医療機関や民間救急団体が主催しています。
「ボランティア保険(天災タイプ)」は、各自治体の社会福祉協議会にて発行しています 。
参照:社会福祉法人 全国社会福祉協議会発行の「ボランティア活動保険」案内

申込み方法・備考

参加費: 3,000円 (PBVサポート会員/学生:1,000円)

ご参加の際は、以下サイトから事前予約をお願いします。
他詳細についても当団体サイトをご覧下さい。https://pbv.or.jp/volunteer_training/leader

内容

防災・減災に関する知識、被災者とボランティアとのコミュニケーション、現場の安全管理やリーダーシップなど、状況の変化に対応しつつグループをまとめる判断力を養います。現場での活動経験を持つトレーナーが、トレーニングを担当します。災害支援の基礎から応用編までを学ぶ、2日間のプログラムです。

1日目:日本の災害対応における公的支援・民間支援の枠組や、フェーズによるボランティアの活動内容を学びます。また、映像やカードゲーム「クロスロード」を使ったワークショップでは、被災地での多様なニーズと対応策への想像力を養います。

2日目:被災地という特殊な環境における安全管理や傷病対策を、時間や場所、活動内容に合わせて具体的に学びます。また、過去のボランティアリーダーが直面した課題を元にしたケーススタディ(事例研究)を通して、自分なりのリーダー像や対応策を考えます。

この情報に関するお問い合わせ

ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

TEL: 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

FAX: 03-3362-6073

MAIL:training@pbv.or.jp

団体紹介
団体名称 : ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)
・国内外の災害救援
ピースボートの災害救援は1995年の阪神・淡路大震災がきっかけ。以来、台湾、トルコでの大地震、ハリケーン・カトリーナ(米国)、スマトラ沖地震と津波被害に見舞われたスリランカなど、世界各国で活動してきました。PBVを設立して以降も、日本各地の風水害や豪雪災害の被災地へボランティアを派遣して緊急支援を行うほか、国際ネットワークを活かした海外での災害救援も展開しています。

・防災・減災への取り組み
高い技術力を誇る日本の「防災」は世界でもトップレベルと言われますが、その想定をも上回る巨大災害を経験した私たちは、「減災」への議論や順も進めていく必要があるでしょう。将来の災害に備えるため、全国各地での災害ボランティア・トレーニングの実施や、行政と民間、国籍の違いを超えたネットワークの構築など、平時の取り組みを大切にしています。