ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【おおた社会福祉士会】
障がい児者への性暴力から見えてくるもの〜ソーシャルワーカーによるアドボカシー実践報告〜

掲載期限 : 2019年7月18日(木)
 

ID:45772
キーワード:
トラブルシューター性暴力社会を明るくする運動社会福祉士障害者
活動テーマ:
医療・疾病・難病 、 環境 、 外国人・多文化共生 、 障がい者 、 高齢者 、 子ども 、 相談・カウンセリング 、 災害・被災地 、 人権・平和 、 ボランティア・NPO支援 、 子育て・ひとり親支援 、 地域・まち・居場所づくり 、 不登校・ひきこもり 、 LGBT・セクシュアルマイノリティ 、 貧困・路上生活 、 いじめ・暴力・被害 、 マイノリティ・さまざまな人への支援 、 セルフヘルプグループ・自助グループ
団体名:
おおた社会福祉士会

趣旨

7月定例会は「おおたTSネット」との合同勉強会のかたちで開催します。

内容は「障がい児者への性暴力から見えてくるもの〜ソーシャルワーカーによるアドボカシー実践報告〜」というテーマで、中野宏美氏(特定非営利活動法人しあわせなみだ理事長)にお話いただきます。

会員でなくても、どなたでも参加できるイベントです。

テーマにご関心ある方はぜひご参加ください。

主要項目

開催日

2019年7月18日(木)


19時〜20時45分 (18時30分開場)

地域

大田区

場所

大田区立障がい者総合サポートセンター さぽーとぴあ5階 多目的室(大田区中央4-30-11)
【交通】JR大森駅西口から徒歩20分(大森駅・池上駅・荏原町駅・蒲田駅よりバス)

対象

福祉に関わる専門職種の方、テーマに関心のある方、どなたでも。

申込み方法・備考

申込不要です。直接会場にお越しください。


おおた7月定例会チラシ(2019年)

さぽーとぴあ地図カラー

内容

水戸アカス事件(1995年)、滋賀サングループ事件(1996年)、富士聖ヨハネ学園事件(1996年)、白河育成園事件(1997年)など障害者に対する虐待事件はたびたび発生しています。2012年には障害者虐待防止法が施行されますが、その後も痛ましい事件は無くなってはいません。 2016年に津久井やまゆり園で起きた障害者殺傷事件では19人もの命が奪われました。

「社会を明るくする運動」強調月間である7月の定例会では、特に「障がい児者への性暴力」をテーマにしました。被害も加害も生まないために、社会的な孤立を防ぐための地域づくりを、地域の皆さんと一緒に考えます。

障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業として、2018年にNPO法人しあわせなみだが行った調査では、32名中23名が何らかの性暴力を経験していることが分かりました。背景には障がい児者をめぐる社会的な孤立があり、これが性暴力に遭うリスクを高めているとのことです。アンケート調査ならびにグループインタビュー調査から見えた性暴力の現状と、その現状を変革するための政策提言などについて、社会福祉士でもある中野宏美氏にご報告いただきます。

【講師】中野宏美氏(特定非営利活動法人しあわせなみだ理事長) 
【参加費】500円
【定員】100名(先着順)
【共催】おおた社会福祉士会 おおたTSネット

この情報に関するお問い合わせ

お問い合わせは、おおた社会福祉士会事務局(生駒)までメール・FAXなどでお願いします。

メールotachikukai@yahoo.co.jp

電話/FAX03-3774-2955  

携帯電話090-2147-7073

団体紹介
団体名称 : おおた社会福祉士会
(公社)東京社会福祉士会に所属する会員で、大田区内に在住または在勤する社会福祉士によって主に構成されている任意団体です。社会福祉士の専門的技能の研鑽、専門職相互の連携を図ることを目的として活動しています。