ボラ市民ウェブ
ボランティア募集

【特定非営利活動法人 ぷれいす東京】
新規ボランティア募集!

受付は終了しました
 

ID:45804

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

キーワード:
HIVLGBTエイズボランティア当事者支援
活動テーマ:
医療・疾病・難病 、 国際協力 、 外国人・多文化共生 、 障がい者 、 相談・カウンセリング 、 人権・平和 、 ボランティア・NPO支援 、 地域・まち・居場所づくり 、 LGBT・セクシュアルマイノリティ 、 貧困・路上生活 、 マイノリティ・さまざまな人への支援 、 セルフヘルプグループ・自助グループ
団体名:
特定非営利活動法人 ぷれいす東京

趣旨

HIV陽性者やその周囲の人たち、不安に思う人たちをサポートするボランティアをしてみませんか?

主要項目

開催日

2019年7月7日(日)

2019年7月14日(日)

2019年7月15日(月)


新規ボランティア説明会 7/7 9:45~11:45(受付は9:30〜)
新人ボランティア研修  7/15、7/16 各日 10:00〜18:00を予定

地域

新宿区

場所

説明会/研修 : 新宿NPO協働推進センター 501会議室(5F) 東京都新宿区高田馬場4-36-12
JR高田馬場より:徒歩15分、または、都営バス 飯64・上69「小滝橋」下車徒歩4分 東京メトロ東西線落合駅より:徒歩13分

対象

性別、年齢、セクシュアリティ、HIV/AIDSの知識や活動参加の経験の有無など不問、どなたでも参加できます。

申込み締切

2019年7月13日(土)

申込み方法・備考

研修に参加を希望される方は、説明会にご参加ください。
説明会には事前の申し込みが必要です。以下のサイトからお申し込みください。

https://business.form-mailer.jp/fms/9e680219102384
参加条件
・3日間の基礎研修を受講し、研修修了後、必ず1年以上活動できることが参加の条件です。
・ぷれいす東京のスタッフ登録(活動会員、または、正会員)と登録料をお願いしています。登録料は、年会費や研修費等全てを含めて5,000円です。翌年度以降は1口1,000円からの年会費をお願いしています。


ボランティア募集チラシ

内容

HIV陽性者やその周囲の人たち、不安に思う人たちをサポートするボランティアをしてみませんか?

HIV/エイズに関する支援と予防啓発活動などに取り組む特定非営利活動法人ぷれいす東京では、活動に参加できるボランティアを募集しています。

性別、年齢、セクシュアリティ、HIV/エイズの知識や活動参加の経験の有無などは問いません。興味のある方は、どなたでも参加できます。まずは説明会にご参加ください。活動に参加する/しないは、説明会終了後に決めていただいてかまいません。ボランティアを募集しているのは以下の活動です。

HIV/エイズ電話相談(感染不安のための電話相談)

バディ(HIV陽性者のための直接ケア)

Gay Friends for AIDS(ゲイによるゲイ・コミュニティ向け啓発活動)

Sexual Health Project(性の健康、HIVの啓発を行うプロジェクト)

ネスト・プログラム(陽性者と周囲の人のプログラム)の運営のサポート

Webのデザイン、更新作業

事務作業や発送作業のお手伝いなど

参加の条件について、以下をお願いしています。

3日間の基礎研修を受講し、研修修了後、必ず1年以上活動できることが参加の条件です。

ぷれいす東京のスタッフ登録(活動会員、または、正会員)と登録料をお願いしています。登録料は、年会費や研修費等全てを含めて5,000円です。翌年度以降は1口1,000円からの年会費をお願いしています。

研修では、多彩な講師陣の講義や参加型ワークショップを予定しています。ご期待ください。


この情報に関するお問い合わせ

03-3361-8964 (月〜土12〜19時)

office@ptokyo.org

担当:牧原

団体紹介
団体名称 : 特定非営利活動法人 ぷれいす東京
ぷれいす東京は「自分らしく生きることを応援します」をモットーに、HIV/エイズや性感染症、セクシュアルヘルスをテーマに、市民一人一人が自分らしく生きられるような地域の環境づくりに取り組んでいます。

ぷれいす東京は1994年に設立されました。当時HIV感染症という病気により、多くの人の命がこの日本でも奪われてしまいました。その後1996年頃から、治療技術が飛躍的に向上し、早めに気づくことで、多くの人が長期に渡り上手くつき合うことのできる病気に変化しました。今では、勉強することも、働くことも、誰かを好きになり恋人をつくることも、結婚して子供をつくることさえも、可能な時代になってきました。

しかし、社会のHIV/エイズのイメージは、いまだに古いままで、変わらずにいます。こうした社会の状況は、HIV陽性者が自分が病気を持っていることについて語るのを難しくしており、同時に一般市民がHIV検査を受ける際のハードルを高くしていると考えます。HIVの治療技術は進歩しましたが、自分のHIVの現実を無視していると、新しい治療法があるにもかかわらず、今でも命に危険が及ぶ場合があるのです。

私たちの団体は、HIVが陽性の人も、陰性の人も、どちらかわからない人も、スタッフとして一緒に活動しています。それぞれの違いを認めあいつつ、共に生きられることの心地よさを、この団体のなかから、情報発信していきたいと考えています。それは、HIVだけでなく、様々な病気や障害、生き辛さにも通じることだと考えています。

特定非営利活動法人 ぷれいす東京  
代表 生島嗣