ボラ市民ウェブ
ボランティア募集

【NPO法人 SUPLIFE】
みんなで一緒にうたって踊ろうvol.5

  • 1時間~可
  • 中高生歓迎
  • 外国語対応可
  • 趣味・スキルを活かす
掲載期限 : 2019年8月3日(土)
 

ID:46013
キーワード:
ダンス子ども手話看護師音楽
活動テーマ:
医療・疾病・難病 、 音楽・アート・芸能 、 外国人・多文化共生 、 障がい者 、 子ども 、 地域・まち・居場所づくり 、 LGBT・セクシュアルマイノリティ
団体名:
NPO法人 SUPLIFE

趣旨

障がいのある子、ない子、国籍の違う子、LGBT…いろんな子がいるんだよということを、音楽やダンスを通して小さい頃から自然と知ってもらい、大人になってからの心の壁をなくしていきたいという小さな願いを込めたイベントです。

主要項目

開催日

2019年8月3日(土)


10時から16時の間で出来る方。フルでも短時間でも可能です。

地域

豊島区

場所

南大塚ホール
豊島区南大塚2-36-1

対象

未就学の子どもとその親御さん、小学校低学年くらいまで 障がいのあるなしに関係なく参加できるイベントです。
子どもたちやその親御さんを笑顔で迎えてくれる方、階段しかない会場のベビーカーを運ぶ補助をしてくれる方、飾り付けを手伝ってくれる方。たくさんの方の力を借りれたら嬉しいです。

申込み方法・備考

info@suplife.or.jp

またはライン@に友達登録のち、ボランティア希望とご連絡下さい。

ライン@↓↓↓●

https://line.me/R/ti/p/%40sew4419r

内容

みんなで一緒にうたって踊ろうvol.5

◯今回で5回目をむかえるイベントです。音楽やダンスを通して、障がいのある子、ない子、国籍の違う子、LGBT…いろんな子がいることを自然と知ってもらう中で、大人になってからの心の壁をなくしていけたら…と願いを込めたイベントです。

この情報に関するお問い合わせ

info@suplife.or.jp 担当 内山

団体紹介
団体名称 : NPO法人 SUPLIFE
「共生社会」という言葉を聞いたことがありますか?
共生社会とは、障がいのある・なし、性別、国籍等のちがいに関わらず、お互いの「ちがい」を認め合い、誰 もが生き生きと過ごすことのできる社会のことです。

共に過ごす中で、まわりの人が困っていないか気を配り、他者の気持ちを想像する力を持つことは、とても 素敵なことです。また、他者の「ちがい」を認められること、それは、自分自身の「人とのちがい」を「自分らし さ」として認められることにもつながるのではないでしょうか。

SUPLIFEは、ダウン症のある子どもを育てる母達が中心に発足した団体です。私たちも、障がいのある子 どもの親になってはじめて、「共生社会」について深く考えるようになりました。 きっと、今はまだ「共生社会」に関心のない方も多いかと思います。ですが、今の子どもたちが大人になる頃には、誰もがお互いを認め合い、 生き生きと過ごすことが当たり前になっていることを強く願っています。 そして、そのような未来を実現するために、私たち自ら、障がいのある・なし等に関わらず、みんなが一緒に過ごせる時間をたくさん作っていこうと 考えました。

SUPLIFEは、
(1)障がいのある子とその家族同士が安心して交流できる場所を作ること、
(2)障がいのあ る・なし等に関わらず、みんなが一緒に楽しく笑える場所を作ること、
そして、そんな「場所」をどんどん大きく 広げていくことで、「共生社会」の実現に貢献していきたいと思います。