ボラ市民ウェブ
ボランティア募集

【特定非営利活動法人キッズドア】
8月25日(日)ボランティア登録説明会@八丁堀

掲載期限 : 2019年8月25日(日)
 

ID:46337
キーワード:
活動テーマ:
ボランティア・NPO支援
団体名:
特定非営利活動法人キッズドア

趣旨

NPO法人キッズドアは経済的に恵まれない小・中・高校生を対象に都内約60ヶ所、宮城県約10ヶ所で無料学習支援を行っています。

社会人の方、大学生の方、経験は問いません。

日本の子どもの貧困に関心のある方、子どもたちの力になりたい!という気持ちをお持ちの方は、ぜひ登録説明会にご参加ください。

主要項目

開催日

2019年8月25日(日)


14:00~16:00

地域

中央区

場所

東京都中央区新川2-1-11 八重洲第一パークビル7階
NPO法人キッズドア キッズドアラーニングラボ

対象

社会人・4年制大学生・短期大学生・専門学校生・高等専門学校生・大学院生・主婦・シニアの方

申込み方法・備考

お申込みはこちらからお願いします。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=urJXu3xXyEKfckpnlgByEeyLpxNxzU1MjdFm-VGAHsNUOU9VUlhKVjhOMUFYUUoxU0pUTklEWExHNS4u

内容

NPO法人キッズドアは経済的に恵まれない小・中・高校生を対象に都内約60ヶ所、宮城県約10ヶ所で無料学習支援を行っています。

社会人の方、大学生の方、経験は問いません。

日本の子どもの貧困に関心のある方、子どもたちの力になりたい!という気持ちをお持ちの方は、ぜひ登録説明会にご参加ください。

ボランティア登録説明会詳細

日時:8月 25日(日) 14:00~16:00

会場:NPO法人キッズドア キッズドアラーニングラボ

住所:東京都中央区新川2-1-11 八重洲第一パークビル7階

アクセス:日比谷線「八丁堀」駅 A4出口より徒歩3分

日比谷線・東西線「茅場町」駅 1番出口より徒歩4分

学習会概要・学習会開催場所・対象生徒

中1~2年生対象の学習会

場所: 港区5会場(最寄り駅:三田・赤坂・田町・白金台・六本木)

開催曜日・時間:

水曜日 17:30~21:00(生徒学習時間18:00~20:00)

指導科目: 生徒の持ち込んだ教材とキッズドアで用意した教材の両方で学習を行います。科目は数学・英語を中心に社会・理科・国語などの指導をします。

中1~2年生対象の学習会

場所: 港区(最寄り駅:品川)

開催曜日・時間:

土曜日 17:30~21:00(生徒学習時間18:00~20:00)

指導科目: 生徒の持ち込んだ教材とキッズドアで用意した教材の両方で学習を行います。科目は数学・英語を中心に社会・理科・国語などの指導をします。

小1~中3年生対象の学習会

場所: 世田谷区5会場(最寄り駅:池尻大橋・成城学園前・九品仏・千歳烏山・東北沢)

開催曜日・時間:

土曜日 13:00~17:00(生徒学習時間14:00~16:00)

指導科目: 生徒の持ち込んだ教材で学習を行います。科目は算数・数学・英語を中心に社会・理科・国語などの指導をします。

小5~6年生対象の学習会

場所: 江戸川区(葛西)

開催曜日・時間:

日曜日 9:30~13:00(生徒学習時間10:00~12:00)

指導科目: 児童の持ち込んだ教材で学習を行います。科目は算数を中心に社会・理科・国語などの指導をします。

開催時刻に間に合わない場合はお気軽にご相談ください。対応いたします。

この情報に関するお問い合わせ

特定非営利活動法人キッズドア

masutani#kidsdoor.net(#を@に変えて送信ください)

団体紹介
団体名称 : 特定非営利活動法人キッズドア
NPO法人キッズドアは、「すべての子どもたちが夢や希望を持てる社会」を目指して、2007年の設立以来、日本国内の子ども支援に特化した活動を行っています。

2009年からは、経済状況が悪化する中、日本の子どもの貧困問題、特に教育格差からつながる貧困の連鎖を食い止めるために、学生ボランティアによる学習支援活動[ガクボラ]に力を入れています。

現在、[ガクボラ]登録学生は330名を越えました。今年は東北地方の震災被災地での活動も拡大しています。

学童クラブ、児童養護施設、ひとり親家庭支援団体、企業CSR部門などと連携して、勉強会や、子どもが将来に夢や希望を持てる体験活動、イベント、ワークショップなどを無料や格安で実施する活動を始めており、「学生さんにぜひ来てほしい」という声をたくさん頂いていました。

実際にボランティアに伺った先からは、「年齢が近いお兄さん・お姉さんが来てくれると、子どもたちがとても喜ぶ」という声を多く頂いています。