ボラ市民ウェブ
助成金

【独立行政法人 国立青少年教育振興機構】
子どもゆめ基金

受付は終了しました
 

ID:46891

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

趣旨

未来を担う子どもたちに大きな夢を

子どもの体験活動・読書活動への助成を行っています。

主要項目

対象

1.民間の児童養護施設や母子生活支援施設及び一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会並びに
これに加盟する母子福祉団体が行う体験活動や読書活動

2.上記1.以外の民間の機関・団体が、経済的に困難な状況にある子供の健やかな育成を目的として、
児童養護施設や母子生活支援施設、地方公共団体などと協力して行う体験活動や読書活動

助成金

子どもゆめ基金では、体験活動等の分野において実務経験を持ち、
青少年教育に高い識見を有する委員で構成する「子どもゆめ基金審査委員会」を設置し、
審査を行います。
その審査にあたっては、各団体から提出された申請書を専門的見地から合議により評価し、
採択する活動及び助成金額を決定します。

申込み締切

2020年6月30日(火) 必着

申込み方法・備考

一次募集締切 郵送   2019年11月12日(火)~消印有効
       電子申請 2019年11月26日(火)~17:00締切

二次募集期間 郵送   2020年 5月1日(金)~6月16日(火) 消印有効
       電子申請 2020年 5月1日(金)~6月30日(火) 17:00締切


申請は①郵送による申請か②電子申請システムを利用した申請のいずれかの方法
で行うことができます。

①郵送による申請
申請書に必要事項を記入のうえ、郵送や宅配便により次ページの申請書の提出先に
ご提出ください。その際、簡易書留など配達記録の残るものを利用し、封筒の表に
「申請書在中」と記入してください。

申請書の提出先
◆ 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部助成課
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
※郵送申請の場合、郵送申請の締切日の消印有効。直接持参される場合は、
平日(土日祝除く)9時から17時まで受け付けます。


②電子申請システムを利用した申請
電子申請システムは、従来書面によって行っている助成金申請手続きを、インター
ネットを利用して行うシステムです。システムを利用することにより、入力時のチェ
ックや郵送の手間を簡略化することができます。
電子申請システムをご利用される場合は、子どもゆめ基金ホームページ
https://yumekikin.niye.go.jp/)よりログインしてください。
電子申請は、電子申請の締切日の17時まで受け付けます。
なお、電子申請システムのご利用にはIDが必要なため、初めて電子申請システム
をご利用される場合は、事前にIDの申請・発行手続きが必要となります。
IDの発行は自動ではなく、職員が手作業で行っているため、土日祝日は発行でき
かねます。また、ID申請の集中が予想される締切り間近はIDの発行に時間がかか
りますので、余裕をもって申請してください。

内容

◇背景

我が国の子供の相対的貧困率は、年々上昇しており、世代を超えた「貧困の連鎖」が指摘されるなど、

子供の貧困は喫緊の課題であるとして、平成26年8月に「子供の貧困対策に関する大綱」が閣議決定され、

国において総合的な取組が推進されることとなりました。

このような国の動向を踏まえ、子どもゆめ基金では経済的に困難な状況にある子供たちを対象に以下の取組を

始めました。

◇取組の概要

民間団体が、経済的に困難な状況にある子供を対象とした体験活動や読書活動を行う場合、

通常は助成対象外とされている参加者の交通費・宿泊費などの自己負担経費について、

特に助成の対象とすることで、参加する子供の負担が軽減されるようにしました。

その結果、令和元年度子どもゆめ基金助成活動には、188件の申請があり、

このうち貧困対策に適合した申請を138件採択しました。

詳しくは、子どもゆめ基金募集案内をご覧いただくか、子どもゆめ基金部助成課までお問い合わせください。

https://yumekikin.niye.go.jp/download/pdf/yumeguide2019.pdf

この情報に関するお問い合わせ

独立行政法人 国立青少年教育振興機構

子どもゆめ基金部助成課

〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号

フリーダイヤル:0120-579081(平日9:00~17:45)

E-mail: yume@niye.go.jp