ボラ市民ウェブ
助成金

【ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ】
Donate a Photo支援プログラム募集のお知らせ

受付は終了しました
 

ID:47313

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

キーワード:
活動テーマ:
災害・被災地 、 子育て・ひとり親支援 、 不登校・ひきこもり 、 いじめ・暴力・被害 、 その他
団体名:
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

趣旨

「Donate a Photo」とは、1日1枚アプリから写真を投稿すると写真1枚につき1ドルをジョンソン・エンド・ジョンソンが投稿者のかわりに、非営利団体およびその団体が運営している支援プログラムへ寄付をする仕組みで、2020年度の支援プログラムを募集しています。

主要項目

対象

こころのケアに関する活動(いじめ、産後うつ、ひとり親の精神的困難、被災者の孤立化等)

助成金

寄付金の最低額は、3,000USドルとし、また、掲載写真が規定の枚数を超えた場合であっても、寄付金の上限額は10,000USドルです。
※寄付金支払時の為替レートに基づき日本円に換算しての寄付となります。

申込み締切

2020年2月29日(土) 必着

申込み方法・備考

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループJAPAN COMMUNITY IMPACTまでメールにて、応募書類をご提出ください。

内容

募集概要

支援プログラムは支援期間に獲得した写真の枚数1枚につき1USドル、上限10,000枚としてジョンソン・エンド・ジョンソンから寄付金を受け取ることができます。

(例:2020年7月-12月末の支援期間に8930枚の写真が投稿された場合は、8930USドルを寄付として受けとり)

支援対象:こころのケアに関する活動(いじめ、産後うつ、ひとり親の精神的困難、被災者の孤立化等)

支援団体の要件:

1. NPO法人、財団法人、社会福祉法人、協同組合、社団法人など、非営利活動や公益事業の実施を目的とした法人格を有する団体であること

- 営利団体、地方自治体、個人活動家などは対象外

2. 申請案件と関連する分野での活動実績が1年以上あること

3. ジョンソン・エンド・ジョンソングループの製品の使用に影響を与える立場の公務員、およびその親類と、実質的なつながりがないこと

応募締切:2020年2月29日(土)17:00必着

提出先:ra-medjpto-jjccjp@its.jnj.com

支援期間:現在支援中の団体様が終了次第~2020年12月の中で別途お知らせ

応募書類:Donate a Photo申請書類一式

(Zipファイルをダウンロードして以下書類をご使用ください。)

✧ ★DaP_お願いしたい事リスト

✧ 06_寄付申込書

✧ 11_役員名簿フォーマット

✧ Donate a Photoシステム(Web, Mobile)に掲載する情報提供のお願い

支援の条件

支援期間は6か月間(目標枚数が達成した場合はその時点で終了)。寄付金の額は、支援期間中の掲載写真の枚数に1USドルを乗じた額とします。

なお、掲載写真の枚数にかかわらず、寄付金の最低額は、3,000USドルとし、また、掲載写真が規定の枚数を超えた場合であっても、寄付金の上限額は10,000USドルです。

寄付金支払時の為替レートに基づき日本円に換算しての寄付となります。

詳細は「★DaP_お願いしたい事リスト」をご確認ください。

書類は全て電子メールでご提出ください。

提出メールにWeblink等をつけないでください。メールが受信できない場合があります。

ご提出後3営業日以内に「受領済み」メールが届かない場合は、メールが届いていない場合がございますので、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。(電話:03-4411-6720)

より多くの団体様へ支援をさせて頂きたいと思っております為、過去1年以内に弊社から寄付させて頂いている団体様は申請をご遠慮願います。

支援対象に合致しているか迷われた際など、ご質問がある場合はメールにてご連絡をお願い致します。

支援先選定結果について

締切り後、弊社JAPAN COMMUNITY IMPACTにて審査をさせて頂きます。

ご応募くださった団体には、3月10日(火)以降に、支援先選定結果のご連絡をさしあげます。

この情報に関するお問い合わせ

お問い合わせ先

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

JAPAN COMMUNITY IMPACT

e-mail: ra-medjpto-jjccjp@its.jnj.com