ボラ市民ウェブ
助成金

【公益財団法人ソニー音楽財団】
ソニー音楽財団 新型コロナウイルス対策特別支援プロジェクト
「⼦どもたちを対象に活動する若⼿演奏家への⽀援⾦」

掲載期限 : 2020年7月7日(火)
 

ID:47694
キーワード:
クラシックコロナ子供演奏家音楽
活動テーマ:
音楽・アート・芸能 、 子ども
団体名:
公益財団法人ソニー音楽財団

趣旨

公益財団法⼈ソニー⾳楽財団は、“For the Next Generation”をテーマに、⼦どもたちに上質な⾳楽を届ける

事業を展開してきました。

この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、様々な⽂化芸術活動が中⽌や延期の決断を余儀なくされている中、当財団では、⼦どもたちに向けたクラシック⾳楽教育の振興活動を⾏う団体および若⼿演奏家を⽀援するため、⽀援総額 5,000 万円の「ソニー⾳楽財団 新型コロナウイルス対策特別⽀援プロジェクト」を⽴ち上げました。

このプロジェクトのうち「⼦どもたちを対象に活動する若⼿演奏家への⽀援⾦」では、⼦ども向けのクラシ

ック・コンサート等の中⽌による収⼊の減少を補填するために、⽇本国内に活動拠点を置いている若⼿クラ

シック演奏家を対象に⼀律 10 万円を⽀給します。

ソニー⾳楽財団は、当プロジェクトを通して、⼦どもたちの⾳楽教育⽀援活動および⼦ども向けの⾳楽活動

を⾏う若⼿演奏家への⽀援を⾏い、⽇本の将来における⾳楽⽂化振興の⼀助となることを願っています。

主要項目

対象

●支援対象者
次の①〜⑤のすべての条件を満たしている者。
① ⽇本国内に在住、または⽇本国内に活動拠点を置いていること。国籍は問わない。
② 若⼿クラシック演奏家(18 才〜40 才を原則とする)であること。 ※学⽣は対象外とする
③ 新型コロナウイルス感染症の感染拡⼤防⽌対策に伴い、⼦どもを主な対象としたクラシック・コンサートやイベント等の中⽌により収⼊が減少した等、影響を受けていること。
④ クラシック⾳楽に関わる演奏活動を⽣業とする個⼈事業主(フリーランスを含む)であること。かつ今後も活動を継続する意思のあること。
⑤ 反社会的勢⼒(暴⼒団、暴⼒団関係企業もしくはこれらに準ずる者⼜はその構成員)と関わりがないこと。

助成金

1 名につき、⼀律 10 万円(総額 2,000 万円)

申込み締切

2020年7月7日(火) 必着

申込み方法・備考

ウェブサイト内の「各種書類ダウンロード」より必要書類をダウンロードし、
Eメール( smf-support@sonymusic.co.jp )に添付のうえ、期間内に応募してください。
・郵送での応募はできません。
・必要書類をエクセル上で入力した場合は、PDFに変換し、エクセル・PDFともに添付して提出してください。
・件名「【応募】若手演奏家への支援金」を明記のうえ、ソニー音楽財団「若手演奏家への支援金」担当係までお送りください。

●注意事項
・応募書類や添付資料に不備がある場合、審査基準を満たしていないと判断し、⽀援⾦の給付の対象外となりますので、ご注意ください。
・応募書類に個⼈情報を含むため、送付時の取り扱いにご注意ください。例えば圧縮ファイルにまとめパスワードをかけ、別途パスワードを送付する等、ご⾃⾝でセキュリティの管理をお願いいたします。
・⼀度提出した書類の変更は認められません。ただし、他の助成等に応募し、助成⾦が下りることが決定した場合は、申請後でも必ず直ちにご連絡をお願いいたします。その場合でも、本来の出演料と助成⾦の差額が5万円以上ある場合は、⽀援の対象となります。なお、申告を怠った場合は、⽀援⾦を全額返還していただきます。

●⽀援⾦⽀給決定後の⼿続き
・⽀援⾦⽀給決定後、応募者は、ソニー⾳楽財団に「誓約書」および年齢確認書類等必要書類を提出し、所定の⼿続きを経た後、⽀援⾦を⽀給します。
・⽀援⾦⽀給決定後、当財団よりインタビューや写真等の提供をお願いすることがあります。
・⽀援⾦⽀給後であっても、応募書類に虚偽の内容が含まれるなど不正が発覚した場合には、⽀援⾦を全額返還していただきます。


募集要項

内容

新型コロナウイルスの感染拡⼤の影響で、2020 年 2 ⽉ 1 ⽇(⼟)〜7 ⽉ 7 ⽇(⽕)に中⽌または延期の決定がなされた、⼦どもを主な対象とするクラシック・コンサートやイベント等に出演予定で、5万円以上の出演料の損害があった若⼿クラシック演奏家(18 才〜40 才を原則とする)に、⽀援⾦を⽀給します。

⽀援条件

上記「対象」内の ●⽀援対象者 のうち、次の①〜⑤の条件をすべて満たしていること。

① 2020 年 2 ⽉ 1 ⽇(⼟)〜7 ⽉ 7 ⽇(⽕)までに、新型コロナウイルスの感染拡⼤の影響で、中⽌または延期の決定がなされた、⼦どもを主な対象とするクラシック・コンサートやイベント等に出演予定だったこと。

② 上記①の公演・イベントが⽇本国内で開催される予定であったこと。

③ 上記①の公演・イベントに対する出演料の損害総額が額⾯(消費税込、源泉所得税及び復興特別所得税込)で5万円以上であること。*損害総額とは、報酬予定⾦額から、キャンセル料や助成⾦を差し引いた⾦額を指します。

④ 上記①の公演・イベントが反社会的な内容を含んでいないこと。

⑤ 上記①の公演・イベントの内容が政治・宗教・思想に偏りのないこと。

審査基準

対象となるコンサートやイベント等への新型コロナウイルスによる影響の度合いや、応募者の活動実績、活動意欲等を重視しながら、次の基準で審査を⾏います。

応募条件を満たしているか

緊急性が⾼いか

⼦どもたちを主な対象とした、クラシック⾳楽を通じた活動実績があるか

今後も継続して⼦どもたちにクラシック⾳楽を届ける意思があるか

審査⽅法および結果の通知

(1)審査⽅法

審査基準に基づき当財団内で書⾯審査を⾏います。

必要に応じて、応募者または所属団体・事務所に対して、当財団より電話、メール等によるヒアリングをさせていただく場合があります。

(2)審査結果の通知

審査の結果は、採択·不採択に関わらず 2020 年 8 ⽉ 6 ⽇(⽊)までにメールにて通知します。

連絡がない場合は、8 ⽉ 7 ⽇(⾦)以降にお問い合わせください。8 ⽉ 7 ⽇以前の問い合わせ、及び採否の理由などに関するお問い合わせにはお答えできません。

この情報に関するお問い合わせ

Eメール: smf-support@sonymusic.co.jp ソニー音楽財団「若手演奏家への支援金」担当係 

件名を「問い合わせ若手演奏家への支援金」としてお送りください。

土日祝日および夏季休業中<8月13日(木)~8月16日(日)>は、問い合わせに対応できません。

団体紹介
団体名称 : 公益財団法人ソニー音楽財団
ソニー音楽財団は、今日まで、音楽、オペラ、舞踊等の普及向上を図るため、国際交流の促進、創造開発の活発化、人材の育成等に努め、もって我が国の文化の発展に寄与することを目的として活動を行ってまいりました。「子どもたちへの良質な音楽の提供」「誰もが気軽にクラシック音楽を楽しめる環境づくり」「若いアーティストへの育成・支援」などの企画・制作を主体とした事業型の運営を積極的に行い、上質で魅力あふれるクラシック音楽を通じて、子どもたちの感性豊かな心をはぐくむ事業を35年以上にわたり行っております。