ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【地域連携ステーション フミコム】
[2020フミコム朝活]つながりをひろげる 
オンラインだからこその 話すチカラ入門講座 @zoomオンライン

  • 自宅でできる
掲載期限 : 2020年10月17日(土)
 

ID:47980
キーワード:
活動テーマ:
ボランティア・NPO支援 、 地域・まち・居場所づくり
団体名:
地域連携ステーション フミコム

趣旨

ここ半年ほどでオンラインイベントも増え参加の形が多様になってきた分、人前で話をする、伝える機会が増えてきたという方も多いのではないでしょうか?

仕事での会議や、就職活動などもオンライン化が進んできていて、「伝わるように話す」ということの重要性は増してきている一方で、伝えたいことをコンパクトにまとめ、聞く人の心にグッと刺さる話し方を身につけるにはどうしたらいいだろう、とお悩みの方も少なくないはず。

日本の子ども、のべ約27,000人にプレゼン教育をしている講師からメソッドを学んで、オンラインでも「あなたらしさ」を伝える一歩を踏み出してみませんか?

主要項目

開催日

2020年10月17日(土)


9:30~12:00

地域

不特定

場所

オンラインにて開催します(Zoom利用)

対象

文京区在住・在勤・在学の方

申込み方法・備考

◎定員:15名程度(申込順)
◎費用:1,000円
◎準備:インターネット環境 (wi-fi 推奨)
    ※ワークも行いますので、カメラをオンにできる環境をご準備ください。    
◎申込:申込ページ(https://fumicomms202010.peatix.com/)よりお申し込みください ※事前決済制


PDFダウンロード1

内容

2020フミコム朝活つながりをひろげる オンラインだからこその 話すチカラ入門講座 @ZOOMオンライン

★配信URLは参加申込をされた方にお送りいたします。

申込ページ(https://fumicomms202010.peatix.com/)より必ず事前に申込&決済をお願いいたします。

- - - - -

ここ半年ほどでオンラインイベントも増え参加の形が多様になってきた分、人前で話をする、伝える機会が増えてきたという方も多いのではないでしょうか?

仕事での会議や、就職活動などもオンライン化が進んできていて、「伝わるように話す」ということの重要性は増してきている一方で、伝えたいことをコンパクトにまとめ、聞く人の心にグッと刺さる話し方を身につけるにはどうしたらいいだろう、とお悩みの方も少なくないはず。

日本の子ども、のべ約27,000人にプレゼン教育をしている講師からメソッドを学んで、オンラインでも「あなたらしさ」を伝える一歩を踏み出してみませんか?

- - - - -

◎日 時:2020年10月17日(土)9:30~12:00

◎講 師:竹内 明日香さん(一般社団法人アルバ・エデュ代表)

◎アルバ・エデュ

子どもたちの「話すちから」を高めるため、オンライン教育推進活動、
学校向けアクティブラーニングの出前授業、教員研修、ワークショップを行っています。
http://www.alba-edu.org/

◎準 備:インターネット環境 (wi-fi 推奨)

※ワークも行いますので、カメラをオンにできる環境をご準備ください。

◎対 象:文京区在住・在勤・在学の方       

◎定 員:15名程度(申込順)

◎費 用:1,000円

◎申 込:申込ページ(https://fumicomms202010.peatix.com/)よりお申し込みください

    ※事前決済制
    ※上記サイトより参加申込をされた方へ、開催が近くなりましたら配信URLをお送りします

この情報に関するお問い合わせ

◆地域連携ステーション フミコム

メール:fumikomu@bunsyakyo.or.jp
電話:03-3812-3044
団体紹介
団体名称 : 地域連携ステーション フミコム
フミコムは、地域の活性化や地域課題の解決を目指し、新たな担い手の育成や、新たなつながりを創出するため各種事業を行っている2016年4月にオープンした協働の拠点です。社会福祉法人 文京区社会福祉協議会が運営しています。

■フミコムの由来■
「フミ=文の京」「コム=community(地域)、communication(コミュニケーション)」、「踏み込む」の意味を込めています。この場所では、様々な地域活動を促進し、活動者が主体的に地域に向けて「踏み込む」ことができるような施設を目指します。

■フミコム開所時間■
◎月~土 9:00~21:00
 (相談対応は原則として19:00まで)
◎日・祝 9:00~17:00
 (相談対応は原則として行っておりません)