ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)】
〈無料公開映像〉
木材をめぐる金融の腐敗について解説動画
「熱帯林を食い物に 権力者とつるむ大銀行の闇」

掲載期限 : 2021年10月8日(金)
 

ID:48073
キーワード:
活動テーマ:
国際協力 、 環境 、 外国人・多文化共生 、 災害・被災地 、 人権・平和 、 地域・まち・居場所づくり
団体名:
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)

趣旨

映画『ボルネオ事件』では、木材利権をめぐるサラワク州首相の汚職と、首相一族の財産隠しを黙認してきたメガバンクの責任が追及されますが、サラワクの木材の最大の輸出先となってきたのが日本です。

今回制作された動画「熱帯林を食い物に」では、映画で描かれた「ボルネオ事件」の概要を振り返り、その日本との関わりを解説しています。

主要項目

開催日

いつでも

地域

不特定

場所

オンラインです
https://youtu.be/SkIzFADoPOY

申込み方法・備考

ありません。

内容

アジア太平洋資料センター(PARC)では今年、マレーシア・ボルネオ島の熱帯林消失をテーマにしたドキュメンタリー映画『ボルネオ事件―熱帯林を破壊するダークマネー』の日本語版を制作し、7月にDVDとして発売いたしました。

DVD『ボルネオ事件―熱帯林を破壊するダークマネー』

http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/borneo.html

このたび、この映画で描かれている木材をめぐる金融の腐敗について解説する動画

「熱帯林を食い物に 権力者とつるむ大銀行の闇」を新たに公開いたしました。

「熱帯林を食い物に 権力者とつるむ大銀行の闇」

https://youtu.be/SkIzFADoPOY

この動画は、Fair Finance Guide Japan(フェア・ファイナンス・ガイド・ジャパン)

によって制作されています。

Fair Finance Guideは大手銀行の投融資方針の社会性を格付けする国際的な取り組みであり、映画『ボルネオ事件』のオフィシャル・パートナーともなっています。

日本では、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、APLA、レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、PARCの4団体がその活動を担っています。

https://fairfinance.jp/

映画『ボルネオ事件』では、木材利権をめぐるサラワク州首相の汚職と、首相一族の財産隠しを黙認してきたメガバンクの責任が追及されますが、サラワクの木材の最大の輸出先となってきたのが日本です。

今回制作された動画「熱帯林を食い物に」では、映画で描かれた「ボルネオ事件」の概要を振り返り、その日本との関わりを解説しています。

ぜひ、学習や啓発にご活用ください。

この情報に関するお問い合わせ

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)

E-mail: office@parc-jp.org

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453