ボラ市民ウェブ
助成金

【公益財団法人 洲崎福祉財団】
令和2年度『継続助成(第2回)』

掲載期限 : 2021年1月16日(土)
 

ID:48261
キーワード:
福祉継続助成障害児障害者難病
活動テーマ:
医療・疾病・難病 、 障がい者
団体名:
公益財団法人 洲崎福祉財団

趣旨

中長期的視点において、より多くの障害児・者のQOL向上、社会課題の解決に寄与する事業への助成

主要項目

対象

・営利を目的としない次の法人格を取得している団体(公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人、認定特定非営利活動法人)
・申請事業の拠点住所(実施場所)が、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県
・活動年数や年間収益、利用者数などの団体規模は不問

助成金

総額5,000万円
1件あたりの上限額1,000万円(下限額は200万円)  最長3年最大3,000万円

申込み締切

2021年1月16日(土) 消印有効

申込み方法・備考

助成金申請書を当財団ホームページよりダウンロードして、次の書類と共に事務局宛、ご郵送ください。
URL http://www.swf.or.jp/ ①助成金申請書と組織相関図
②費用の根拠となるもの
③当年度の事業計画書・活動予算書
④所轄庁提出済の直近3年間の事業報告書・活動計算書・貸借対照表・財産目録
⑤団体資料(案内書 or 紹介記事等)
⑥定款
⑦役員名簿
※全書類1部(コピーでも可)をご送付ください。
※書類はホチキスで留めたり、穴を開けて綴らないでください。
※見積書は2社以上、ご送付ください。
※ご送付いただいた書類などの返却はできません。

内容

(1)事業テーマ

A:既存福祉サービスの強化

(例)

 ・地域における待機利用者を解消するもの
 ・支援者の確保・スキル向上や障害者福祉サービスの周知を図るなどの活動

B:新規福祉サービスの創造

(例)

 ・これまでにない発想でチャレンジング(挑戦的)で、スタートアップ(革新的)な事業
 ・地域間や障害間の様々な格差・谷間を解消する活動

(2)対象事業

1年以上3年以内に終了する事業

但し、物品購入や改修工事などを主とする短期的事業は不可

助成決定以降、令和3年6月に事業を開始し、最長で令和6年5月までに終了する事業

この情報に関するお問い合わせ

公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局

http://www.swf.or.jp

〒103-0022

東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号

日本橋室町三井タワー15階

TEL:03-6870-2019 / FAX:03-6870-2016

平日9:30~16:00(土・日・祝日休み)

E-mail:info@swf.or.jp

事務局 山口・韮塚・森永

団体紹介
団体名称 : 公益財団法人 洲崎福祉財団
『社会に参加し貢献する意思を持ち、その為に努力する全ての障害者には健常者と同様に、その実現を通じて自己の人生の充実と人間的尊厳を獲得する権利がある。そして、この権利を具現化するのは、共同体としての社会全体の責務である。』
これが洲崎福祉財団の理念です。