ボラ市民ウェブ
寄付・募金・購入

【NPO法人レインボーリボン】
新型コロナの影響を受けて困窮している子育て家庭にお米など食品、マスクなど衛生用品、赤ちゃんのオムツ、学用品、玩具などを届けるためのご寄付を募集

掲載期限 : 2021年6月30日(水)
 

ID:48810
キーワード:
こども孤立居場所生活困窮貧困
活動テーマ:
外国人・多文化共生 、 障がい者 、 子ども 、 子育て・ひとり親支援 、 地域・まち・居場所づくり 、 不登校・ひきこもり 、 貧困・路上生活 、 いじめ・暴力・被害
団体名:
NPO法人レインボーリボン

趣旨

NPO法人レインボーリボンは東京都葛飾区で子ども食堂、フードパントリーを運営しています。

コロナの影響を受けて困窮している子育て家庭にお米など食品、マスクなど衛生用品、赤ちゃんのオムツ、学用品、玩具などを届けるためのご寄付を募集しております。

主要項目

開催日

随時募集しています。

地域

不特定

場所

ご自宅で出来る活動です。

対象

どなたでもご参加頂けます。

申込み方法・備考

申込方法
▼お金の寄付
口座名義:特定非営利活動法人レインボーリボン
 ●郵便振替口座:00170-7-449974
 ●りそな銀行 青戸支店(店番号470)普通預金1520535
銀行口座からご寄付くださった方はお名前を
rainbow_ribbon_mail@yahoo.co.jp
宛てにお知らせください。
 ●ホームページからクレジットカード、コンビニ決済、Pay-easy
http://rainbow-ribbon-net.org/entry/ ◆ご寄付をくださった方は
「レインボーリボンのこども食堂通信」へのご芳名記載の可否もお知らせいただけますと幸いです。

▼「ふるさと納税」返礼品のご寄付
「ふるさと納税」は応援したい自治体に寄付をし、寄付金の税控除が受けられる仕組みで、寄付した自治体から返礼品がもらえます。その返礼品としてお米やオムツなどを下記、レインボーリボンの住所に送ってくだされば、レインボーリボンから困っている子育て家庭にお渡しします。
確定申告をする必要のない給与所得者向けに「ワンストップ特例制度」が設けられており、寄付先の自治体に特例申請書を提出することで、住んでいる自治体の翌年の住民税控除が受けられます。
【ご参考】さとふる「ワンストップ特例制度」入門ガイド
https://www.satofull.jp/static/onestop.php
NPO法人レインボーリボン
〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-33-5-103
電話:080-2838-0641

内容

レインボーリボンは2019年度まで葛飾区内3カ所で子ども食堂を開催してきましたが、2020年春のコロナ一斉休校以来、「春休み緊急お弁当プロジェクト」「はらぺこレスキュープロジェクト」など困窮子育て世帯への緊急支援や、食料を無料で配布する「フードパントリー」に取り組んでいます。

感染状況が一定抑えられている間は少人数限定、お弁当持ち帰りの子ども食堂も開催しています。

緊急事態においてはフードパントリーを毎週開催し、毎回お米は約60キロ、レトルト食品等はおよそ2万円相当、それに加えて寄付による野菜、お菓子、マスク、こども服などを配布してきました。

いま、保育士さんがコロナ対応で忙しく、また衛生上の理由もあり、保育園でのトイレトレーニングが難しいため、多子家庭、親に障がいがある家庭などでオムツの購入費用が家計を圧迫しています。

集まることが難しい状況下でも困難を抱えた子ども、親が「ひとりじゃない」「応援してくれる人がいる」と感じられるよう、支援を続けたいと考えています。

フードパントリーの運営費、お米、オムツなどのご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。

この情報に関するお問い合わせ

この情報に関するお問合せ

NPO法人レインボーリボン

TEL 080-2838-0641

団体紹介
団体名称 : NPO法人レインボーリボン
レインボーリボンは東京都葛飾区の、ある公立小学校PTAで出会ったお母さんたちがつくったNPO法人です。
① PTAイノベーション(PTA研修講師)、②いじめ防止教室、③こども食堂――の3本の柱で活動しています。