ボラ市民ウェブ
助成金

【公益社団法人 国土緑化推進機構】
「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成公募のお知らせ

受付は終了しました
 

ID:49820

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

キーワード:
ボランティア子ども自然
活動テーマ:
環境 、 災害・被災地 、 ボランティア・NPO支援 、 地域・まち・居場所づくり
団体名:
公益社団法人 国土緑化推進機構

趣旨

国土緑化推進機構の「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」では、市民参加の森づくりを推進するため、2022年度(令和4年度)に助成支援する森林に関わる市民活動を2月1日~3月15日の間、一般公募します。

主要項目

対象

民間の非営利団体、非営利法人
個人(「緑と水の森林ファンド」のみ)

助成金

交付上限額 70~300万円
事業ごとに異なります。(各募集規則・要領に記載)

申込み締切

2022年3月15日(火) 消印有効

申込み方法・備考

「緑の募金」は、専用サイトの応募フォームから申請(3/15 24:00締切り)
「緑と水の森林ファンド」は、郵送で申請(3/15消印有効)


「緑の募金」助成ガイド

令和4年度「緑と水の森林ファンド」公募事業募集要領

内容

「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」2022年度活動助成〈公募〉

◆ 「緑の募金」助成公募(助成ガイド、規則、様式、申請フォーム)

http://www.green.or.jp/bokin/volunteer/activity-support

里山保全団体およびNPO等による地球の緑を増やし、地球温暖化防止や生物多様性保全などSDGs達成に貢献する活動、森づくりのリーダーを育てる活動、森や里山で子どもたちを育むことができる活動などを支援します。

昨年、若手森づくりリーダーの育成を支援する「次世代育成公募」を創設し、今年度はさらに、スギ等森林の有効活用と少花粉の森林づくりを支援する事業を新設します。

◆ 「緑と水の森林ファンド」助成公募(要領、様式 等)

http://www.green.or.jp/news/news-green-fund/

「緑と水の森林ファンド」助成事業においては、「森林ESD」「森と自然を活用した保育・幼児教育」等を重点事項に位置付けて活動を支援します。

《募集概要》

1. 募集期間

 2022年2月1日~3月15日

2. 助成対象者

 民間の非営利団体、非営利法人
 個人(「緑と水の森林ファンド」のみ)

3. 助成対象経費 

事業実施に直接必要となる経費。

対象経費の例

交通費、保険、会場費、保険費

事業に伴う資材費、機材のレンタル経費、外部委託経費

資材運搬費、指導謝金、

事務費、印刷・通信費、人件費(上限額あり)

対象外経費の例

作業労賃、内部人材への謝金、食材・飲食費

国際協力事業の渡航費

記念品、団体の通常運営経費、資産形成に繋がる経費

必要以上の外部委託経費

詳しくは実施要領・募集規則をご確認ください。

4. 助成の限度額

緑の募金 一般公募事業「森林整備・緑化推進」200万円、「国際協力」300万円

緑の募金 次世代育成公募事業、特別公募事業  200万円

緑の募金 都道府県緑推推薦事業 「子どもたちの未来の森づくり事業」100万円

緑と水の森林ファンド 個人70万円、団体100万円

5. 審査の流れ

協力企業、有識者および理事会により事業審査、査定します。

6. 交付決定

7月1日付けで、採用又は不採用の通知を行います。

詳しくは各HPにてご確認ください。

皆様からのたくさんのご応募お待ちしております。

この情報に関するお問い合わせ

「緑の募金」国内事業関係

公益社団法人 国土緑化推進機構(担当:募金部)

TEL:03-3262-8457

E-mail:m-bokin@green.or.jp

「緑の募金」国際協力事業関係

公益財団法人 国際緑化推進センター気付

国土緑化推進機構「緑の募金」国際協力公募係(担当:藤村、佐野)

TEL 03-5689-3450

E-mail:support-ngo@jifpro.or.jp

「緑と水の森林ファンド」

公益社団法人 国土緑化推進機構(担当:ファンド部)

TEL:03-3262-8457