ボラ市民ウェブ
ボランティア募集

【公益財団法人 東京YMCA liby】
若者の居場所の遊びボランティア

  • 1時間~可
  • 初心者歓迎
  • 話し相手・傾聴
  • 趣味・スキルを活かす
掲載期限 : 2023年7月9日(日)
 

ID:50132
キーワード:
ひきこもり不登校生きづらさ発達障がい若者
活動テーマ:
障がい者 、 人権・平和 、 地域・まち・居場所づくり 、 不登校・ひきこもり 、 マイノリティ・さまざまな人への支援
団体名:
公益財団法人 東京YMCA liby

趣旨

不登校やひきこもりの若者、障がいのある若者、抱える生きづらさは十人十色です。そんな彼らに寄り添い、一緒にゲームをしたり、編み物をしたり、他愛もない話をしたりするボランティアを募集しています。

またボランティアの皆様にとっても「ありのままで生きる」ことについて考えるきっかけとなればと思います。

主要項目

開催日

火~金曜日の13時~18時に開室しています。
ご参加の頻度や、期間などについては、ご都合に合わせてご相談させていただければと思います。お気軽にお問い合わせください!

地域

世田谷区

場所

東京YMCA"liby"
〒156-0051
東京都世田谷区宮坂3-23-2
最寄り駅:小田急小田原線 経堂駅

対象

◎18歳~35歳(高校生不可)
◎知識や経験は問いませんが、単なるお手伝いでも、支援者でもなく、一緒に楽しむ仲間として関わって下さることを願っております。

申込み方法・備考

お電話、もしくはメールにてご連絡ください。
ご希望の日時をお伺いし、担当者と面談をしていただきます。

TEL 03-3420-5361 
Mail liby@tokyoymca.org

内容

活動内容

"liby"は、Let it be at the YMCA of Tokyoの略。「ありのまま」をキーワードに、誰もがありのままに生きられる世の中を目指して活動しています。

ボランティアの皆さんには、安心して過ごせる居場所づくりをメンバー(参加者)、スタッフとともに取り組んでいただきます。

一緒に楽しむ遊び仲間(1対1の関係づくり)

libyで過ごす時間にはプログラムがありません。メンバーと一緒に何をするのか考えていきましょう。例えば…

メンバーとゲーム(TVゲームやボードゲーム、スマホゲームなど)を楽しむ

編み物をしながら話し相手になる

一緒に映画を鑑賞する

キャッチボールに出掛ける

お菓子作り

メンバーが「何もしない」「ただそこにいる」ことだってアリです。

町散策に一緒に出かける

月に1~2回、町にお出かけに行きます。気になったお店でスイーツを食べたり、バッティングセンターに行ったり、一緒に楽しむ中で関係性を深めていきます。

この情報に関するお問い合わせ

TEL 03-3420-5361 

Mail liby@tokyoymca.org

団体紹介
団体名称 : 公益財団法人 東京YMCA liby
YMCAは1844年、青少年の成長を願ってロンドンで誕生した団体です。現在では世界120の国と地域に広まり、約6500万人以上が活動する世界最大規模の非営利団体になりました。
東京YMCAは1880年(明治13年)に設立され、「精神spirit」「知性mind」「身体body」の調和のとれた成長を大切にして、職業教育、語学教育、健康教育、野外教育、保育事業、国際交流活動など、幅広く事業展開しています。

そしてlibyはlet it be at the YMCA of Tokyoの略。
子どもたちがありのままに過ごせる場所です。
誰かが子どもたちを指導したり教えたりというよりも、
子どもたちが考えていること、やっていること、願いを、
ここで関わってる大人たちが共有し、共に”いま”を生きている場所です。