ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【メンタルサービスセンター】
東京加害者臨床研究会:第27回例会

  • 「1日だけ参加」も可
掲載期限 : 2022年8月14日(日)
 

ID:50392
キーワード:
DVカウンセリング加害者加害者更生プログラム加害者臨床
活動テーマ:
医療・疾病・難病 、 音楽・アート・芸能 、 相談・カウンセリング 、 人権・平和 、 いじめ・暴力・被害 、 セルフヘルプグループ・自助グループ
団体名:
メンタルサービスセンター

趣旨

DV防止法の施行以後、精神科クリニックや相談室に来所するDV加害者が増えており、加害者の心理療法の方法論に関する研修の必要性が高まっています。しかし、加害者は言い訳や自分の考えの正当化などにより変化しにくく、臨床家にとって独特な困難を感じさせます。

この研修会では、DV克服を目指す男性の変化を、丁寧に、そして徹底して促進するための有効なアプローチを提供してきました。関心のある方のご参加をお待ちしております。

主要項目

開催日

2022年8月14日(日)


14:00 - 17:00

地域

新宿区

場所

東京ボランティア・市民活動センター(JR総武線飯田橋駅1分):東京都新宿区神楽河岸1-1 飯田橋セントラルプラザ10F

対象

関心のある方
※この研修会の性質上、DV加害経験のある方のご参加は、ご遠慮いただいております.

申込み方法・備考

電話連絡の後に、参加費の振込みをお願いします。
■振込先 [みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之]
※主催者都合の不催行を除き、納入額の払い戻しは致しかねますことを、ご了承ください。


江東区DV啓発1

江東区DV啓発2

DVカルタ記事

内容

〓被害者支援と整合性のある加害者更生支援を目指す.〓

DV防止法の施行以後、精神科クリニックや相談室に来所するDV加害者が増えており、加害者の心理療法の方法論に関する研修の必要性が高まっています。しかし、加害者は言い訳や自分の考えの正当化などにより変化しにくく、臨床家にとって独特な困難を感じさせます。

この研修会では、DV克服を目指す男性の変化を、丁寧に、そして徹底して促進するための有効なアプローチを提供してきました。関心のある方のご参加をお待ちしております。

                   ♪

このアプローチは被害者支援との整合性を大切にしており、被害者の面接にも大いに役立ちます.

こだわりの強い加害者クライエントを揺さぶり、臨床家のペースに持っていく面接スキルがあります.

加害者クライエントの面接に関して、戸惑いなく確信をもった方針で運営できるようになります.

本研究会で学ぶスキルの多くはbrief therapyの応用で、動機づけ面接法のスキルとも共通点があり、他の困難ケースの面接に広く活用できます.

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

今回の内容:加害者の『偽りの洞察』を発見し、上手に対応する

DV加害者の面接では、一見、洞察が進んで、問題への理解が深まっているように思えながら、本当は逆方向に進んでいる、という事態がしばしば起こります。例えば、カウンセラーによる指摘を「ああ、それは妻から以前、言われていました」という応答です。背景には、彼らが巧みにこちらの変化への働きかけをかわす意図が隠されています。この研修会では、加害者に対応する際に心理臨床家が注意すべき『偽りの洞察』を、複数紹介し、そのカラクリを解明します。そして、彼らの意図を見抜き、彼らの言動を利用して返し技を仕掛ける面接スキルを、デモンストレーションを交えて紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━

出版企画《原稿募集》=あなたの体験が本になる! =

『(仮題)私はDV家庭を生きた~被害者としての子ども世代の声を聴く』→広く体験記を募集しております(締切りを2022年5月末に延長しました).

■詳細⇒ http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/publish%20plan%202019%20page.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■関連論文:草柳和之「DV加害者更生プログラム-体系化された加害者の心理療法序論」『こころの科学No.172/2013.11』(日本評論社)

〔日 時〕2022年8月14日(日)14:00~17:00 (終了後,懇親会を行います.) 〓2・5・8・11月、日曜日午後に開催〓

〔講 師〕草柳和之(大東文化大学非常勤講師、他) #平成27度・社会貢献者表彰を受賞#

〔参加費〕予約3,000円(当日=3,500、初回参加の方・予約2,000円(当日=2,500円)

━━━━━━━《加害者臨床の言葉について》━━━━━━━

草柳和之氏による造語。雑誌『現代のエスプリNo.491:
加害者臨床』(至文堂,2008年)として特集されたように,
近年,徐々に専門家の間で,この用語が使用されてきてい
る。この言葉の初出は,草柳和之の論文「加害者のDV
克服支援からの新たな視点―フェミニズムと“加害者臨
床"の統合モデルに向けての試論」 『国立婦人教育会館
研究紀要第4号,2000』 である.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《講師紹介: 草柳和之》---------------------------

▲メンタルサービスセンター代表・カウンセラー.大東文化大学非常勤講師.東京加害者臨床研究会代表.長年,DV被害者支援の相談活動に携わり,離婚裁判の意見書執筆をはじめとした被害者の裁判支援にも意欲的に取り組む.同時に,我が国で初めてDV加害者更生プログラムの体系的実践に着手,臨床と研究を重ねて20年あまりにおよぶ.その活動は新聞・TV・雑誌等を通じて広く紹介される.日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.

▲著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店),『DV加害男性への心理臨臨床の試み-脱暴力プログラムの新展開』(新水社)他,多数.家庭裁判所・国の研究機関・自治体・弁護士会・大学・学会等から,幅広く講演や研修会の依頼を受けており, その優れた研修指導は多くの人々から支持されている.

長年のDV問題の先駆的取り組みが評価され、社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰を受賞した。日本カウンセリング学会認定カウンセリング心理士. NLPマスター・プラクティショナー.

▲音楽によるDV防止キャンペーンのために,、世界的に活躍する作曲家・野村誠氏にDV根絶を願うピアノ曲を委嘱し,その曲を国内外で演奏して約20年に及ぶ。平和のための音楽会・ライブハウスのランチタイムコンサート・学会のミニコンサート・自治体の協働イベント・DV問題のシンポジウムなど、幅広い機会でピアノ演奏を行い,《社会の平和は家庭から》を訴えてきた.

この情報に関するお問い合わせ

問合せ・要予約:東京加害者臨床研究会事務局

メンタルサービスセンター内 〒176-8799 練馬郵便局留

Tel.03-3993-6147/070-5016-1871

http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/TOUKARINKEN-reikai.htm

団体紹介
団体名称 : メンタルサービスセンター
DV加害者の変化を促す有効なアプローチを提供する研修会を開催をしています。