夏の体験ボランティアキャンペーン2019

『夏の体験ボランティア』キャンペーン2020中止のお知らせ

『夏の体験ボランティア』キャンペーン(通称『夏ボラ』)では、ボランティア活動に関心があるけれど、普段なかなか“きっかけ”がないという方々のために、夏の期間を利用して、さまざまなボランティア活動をご紹介してきました。

昨年は40周年を迎え、都内50か所以上のボランティア・市民活動センター(以下、「センター」)が連携し3,600以上の活動メニューを用意しました。実数では約8,800人(延べ12,000人以上)の方が参加しています。


ところが、今年の『夏ボラ』は、新型コロナウイルスの感染予防のために、都内のセンターが連携し、キャンペーンとして開催することは見送ることにしました。例年ボランティアを受け入れてくださっている施設には、高齢の方や持病がある方など、免疫力が低い方が入所していることもあり、今まで通りにはボランティアの受け入れができない状況のところも多くあります。


しかし、「何かしたいな」、「何ができるだろう?」と思ったら、まずは下記のセンターにご相談ください。


東京ボランティア・市民活動センターに相談する!

オンラインでできるプログラムや、遠隔でできる活動も検討中です。


東京ボランティア・市民活動センター


身近なセンターに相談する!

住んでいる地域や働いている地域など、身近なところで活動したいと考えている方は、各地域のセンターに連絡してみてください。それぞれのセンターが今できる活動を紹介できる場合があります。


お近くのセンターを探す