ボラ市民ウェブ
イベント・講座

【特定非営利活動法人ADRA Japan(アドラ・ジャパン)】
特定非営利活動法人 ADRA Japan
イエメン報告会開催@原宿 「緊急報告 イエメンの内戦とADRAの取り組み〜もう一つの中東危機の現場から〜」

受付は終了しました

掲載日:2017年3月3日

ID:40495

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

内容

ADRA Japan(アドラジャパン)は、ADRA Yemen(アドライエメン)支部とともにイエメンの国内避難民と脆弱な住民の方々に対して支援活動を行なっています。そこで今回は3月23日(木)にイエメンから現地スタッフが緊急来日し、イエメンの現在の様子とADRAの取り組みを報告します。


アラビア半島南端に位置するイエメンでは、2015年3月末から内戦が激化して戦乱により食糧や水、生活に必要な物資が著しく困窮し、人々の生活環境が著しく悪化しています。2700万人の人口で、1700万人以上の人々が十分な食事を取ることができておらず、シリアや南スーダンと同じ深刻な人道危機にあると言われています。

国民のおよそ10人に1人に当たる、250万人を超える人々が「国内避難民」として厳しい避難生活を続けていて、国民の80%以上が人道支援を必要とする状態にあります。内戦激化してから間もなく2年となりますが、戦乱が終息する目処はまだたっていません。


現地におけるADRAの活動内容は多岐にわたり、食糧、栄養補助食材、衛生キットなどの配付や、飲み水の給水など、これまでに10万人を超える人々に支援を届けています。


日本のメディアでは、なかなかイエメンの現実を知ることが出来ない中、今回の報告会では現地で活動するスタッフが皆さんに直接、お伝えします。イエメンに暮らす人々はどんな避難生活を送っているのか。私たちがどのような取り組みを行なっているのか。また、現地の様子を収めた貴重なビデオ映像も見ることができます。皆様のお申し込みをお待ちしております。


日時

2017年3月23日(木) 19:00〜21:00(18:30開場)


場所

SDA東京中央教会会議室

JR山手線原宿駅から徒歩5分

東京メトロ明治神宮前(原宿)5番出口から徒歩2分


内容

イエメンの現状についての動画上映と現地スタッフから活動報告をします。

スピーカー

ADRA Yemenスタッフ モハメッド・バシュワン(通訳あります)

ADRA Japan海外事業スタッフ 杉本 亜季(すぎもと あき)

ADRA Japan海外事業スタッフ 小出 一博(こいで かずひろ)


参加費

500円(会場でお支払いください)


申し込み方法

報告会ページよりお申し込みをお願いします

お申込み・詳細はコチラ→ http://www.adrajpn.org/Event/latest_event.html


申し込み締め切り

定員に達し次第、締め切らせていただきます。

募集要項

活動場所

渋谷区

この情報に関するお問い合わせ

主催・問い合わせ先

東京都渋谷区神宮前1-11-1

特定非営利活動法人 ADRA Japan(担当:小出・杉本)

メール:support_adra@adrajpn.org

電話:03-5410-0045