ボラ市民ウェブ
助成金

【特定非営利活動法人 アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)】
公益信託今井記念海外協力基金 2018年度助成対象事業募集

受付は終了しました
 

ID:42467

※この情報の内容は受付を終了しています。連絡先など変更されている場合がありますのでご注意ください。

キーワード:
NGO助成金国際協力
活動テーマ:
国際協力 、 外国人・多文化共生 、 人権・平和 、 ボランティア・NPO支援 、 貧困・路上生活
団体名:
特定非営利活動法人 アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

趣旨

公益信託今井記念海外協力基金は、「開発途上国の教育、医療等の分野における振興及び災害等による被災者救済に資する金銭の供与を行い、もって開発途上国の経済社会の発展に寄与する」ことを目的として、設立後35年余りの間、総額約3億円以上の助成金給付事業を行ってまいりました。

平成30年度(2018年度)も、国内の国際協力NGOを対象に助成金給付事業を行います。当基金の助成をご希望される団体は、2018年1月16日(火)までに、下記事務受任者『(特活)アジア・コミュニティ・センター21』*まで申請書および必要書類をご提出ください。

なお、募集要項および申請書フォーマットは、当基金ホームページ(http://www.imai-kikin.com/entry.html)からダウンロードしてください。もしくは、メールにてお送りしますので、その場合はメールアドレスを事務局までお知らせください。

                             

<事務受任者> 

〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1階

特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21

TEL:03-3945-2615 FAX:03-3945-2692 

*(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、三菱UFJ信託銀行株式会社より、公益信託今井記念海外協力基金の一部事務の委任を受けております。

主要項目

対象

助成対象団体は、アジアを中心とした開発途上国において援助・協力活動を行う非営利の民間団体で、次の要件を満たすものとする。
・開発途上国における援助事業を主たる事業目的としていること(政治的活動、宗教上の教義を広める活動、営利活動を主な目的とする団体でないこと)
・日本国内に事務所を置き、責任の所在が明確であること
・前年度の総収入額が原則 5,000万円以下の団体であること
・活動実績が2年以上あること
・助成対象事業を推進するうえで、十分な管理能力を有すると認められること
・過去に今井基金から3年間の連続助成を受けていないこと
(ただし、3年間の連続助成の最終年度から3年以上経過している場合(連続助成最終年度が2014年度以前である場合)には、再度応募できるものとする)
・現在までに今井基金から助成を受けた回数が通算5回以内であること(今井基金からの助成回数は、通算6回を限度とする)

助成金

2018年度の助成予定総額は650万円程度。 1件当たり50-100万円程度。

申込み締切

2018年1月16日(火) 必着

申込み方法・備考

所定の申請書[ 申請書フォーム【doc】/予算書フォーム【xls】]に必要事項を記入し、次の書類を添付のうえ、当基金事務受任者まで郵送により提出する。
なお、申請書・予算書についてはデジタル・ファイルも提出のこと。(デジタル・ファイルは、CD等に保存して郵送するか、電子メール(imai-kikin@acc21.org)で提出してください。)
詳しくはこちらから
http://www.imai-kikin.com/guideline.html


募集要項

内容

目的

本公益信託は、開発途上国における教育、医療等の分野における協力及び災害等による被災者の救済並びにこれらに資する活動を行い、もって開発途上国の経済社会の発展に寄与することを目的とする。(基金の設定契約書より)

助成対象団体

助成対象団体は、アジアを中心とした開発途上国において援助・協力活動を行う非営利の民間団体で、次の要件を満たすものとする。

開発途上国における援助事業を主たる事業目的としていること(政治的活動、宗教上の教義を広める活動、営利活動を主な目的とする団体でないこと)

日本国内に事務所を置き、責任の所在が明確であること

前年度の総収入額が原則 5,000万円以下の団体であること

活動実績が2年以上あること

助成対象事業を推進するうえで、十分な管理能力を有すると認められること

過去に今井基金から3年間の連続助成を受けていないこと

(ただし、3年間の連続助成の最終年度から3年以上経過している場合(連続助成最終年度が2014年度以前である場合)には、再度応募できるものとする)

現在までに今井基金から助成を受けた回数が通算5回以内であること(今井基金からの助成回数は、通算6回を限度とする)

助成対象事業

助成対象とする事業は、次の分野のものとする。

教育・人材育成

(例:学習援助、教師・指導者育成・研修、奨学金援助、教材・教育設備・器材の購入、研修生受入れ、専門家派遣、他)

保健衛生

(例:基礎保健知識の普及、指導者育成・研修、保健衛生設備設置・器材の購入、託児所設置、専門家派遣、他)

医療

(例:医療・診療、医療知識・技術指導、医療設備・器材の購入、専門家養成、専門家派遣、他)

次の事業を優先して支援する。

経済的に困窮する家庭の子どもやその他困難な状況に置かれている子ども(難民・避難民、少数民族、ストリート・チルドレン、子ども兵、児童労働・売春を強いられた子ども、HIV/AIDS、障がい児などを含む)を支援する事業

支援対象地域の住民の参加が促進され、助成終了後に事業が持続的に発展するような計画となっている事業。

事業の性格が資金援助であっても、助成対象団体が主体性と責任を持って取り組む事業(資金援助のみの活動は対象外とする)。

この情報に関するお問い合わせ

〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F

特定非営利活動法人 アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

TEL:03-3945-2615

FAX:03-3945-2692

Email:imai-kikin@acc21.org