ボラ市民ウェブ
ボランティア募集

【認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK】
水源の森 自然ふれあい楽習2019

  • 初心者歓迎
掲載期限 : 2019年8月31日(土)
 

ID:45578
キーワード:
森づくり体験温泉間伐
活動テーマ:
環境
団体名:
認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK

趣旨

利根川の源流で、

温泉宿に泊まって自然とふれあう2日間。

東京駅からの送迎バスがあります。

1日目は、水源を涵養する森の間伐、

下草刈りなどの森づくり体験で汗をかき、宿の温泉もお楽しみ。

2日目は、体力に応じて選べる、二つのコースの自然観察。

観察で森を歩いたあとは、お昼を食べてゆったり木のお土産づくり。

お気軽にご参加下さい。初心者大歓迎です。

主要項目

開催日

2019年8月31日(土)


2019年8月31日(土)~9月1日(日) 1泊2日

地域

東京都外

場所

群馬県利根郡みなかみ町藤原 三菱UFJ環境財団「水源の森」ほか

対象

関心のある方、初心者大歓迎!

申込み締切

2019年8月2日(金) 必着

申込み方法・備考

【問合せ・申込み先】
認定NPO法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http:// juon.or.jp/

【申込みフォーム】
https:// forms.gle/ gYA9x2kDps1B1mAGA

内容

利根川の源流で、

温泉宿に泊まって自然とふれあう2日間。

東京駅からの送迎バスがあります。

1日目は、水源を涵養する森の間伐、

下草刈りなどの森づくり体験で汗をかき、宿の温泉もお楽しみ。

2日目は、体力に応じて選べる、二つのコースの自然観察。

観察で森を歩いたあとは、お昼を食べてゆったり木のお土産づくり。

お気軽にご参加下さい。初心者大歓迎です。

宿 泊 ホテル「サンバード」

http:// hotel-sunbird.com/ access/

内 容 間伐、下草刈り、自然観察会等

※多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。

◆ 8月31日(土)

(送迎バスをご利用の場合、東京駅「三菱ビル」前 8:00集合)

12:00 ホテル「サンバード」駐車場に集合。体験場所へ移動

13:00 森づくり体験(間伐等)、ふりかえり

16:00 奈良俣ダム見学

16:15 宿舎へ移動

18:00 夕食

19:30 交流会

◆ 9月1日(日)

7:00 朝食、チェックアウト

9:00 ホテルサンバード出発

9:20 「水源の森」自然観察会(次の2コースからの選択制)

 ◇頂上コース: 森の中の樹木を観察しながら遊歩道を上って頂上へ
 ◇緩斜面・渓間風景林コ-ス: 広場、湯の小屋川近辺を散策、川遊び

12:40 昼食・木工体験

14:00 終了、現地解散

費 用

◇参加費: 無料

◇宿泊料(1泊+夕食・朝食代)

大人: 9,000円
小学生:7,000円
未就学児(3歳以上):5,000円

◇2日目昼食代: 500円

※現地までの交通費は各自ご負担下さい。
※東京発バスをご利用の方は、別途バス代往復4,000円。(小学生以下は半額)
※夕食時のアルコール代は、各自ご負担ください。

定 員 40名

締 切 8月2日(金)

     ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。

主 催 三菱UFJ環境財団

     JUON NETWORK

その他

▼よくある質問

「どんな作業をするの?」「体力に自信がない」「持ち物は?」などなど、

森林の楽校に関するよくあるお問い合わせを、まとめました。

http:// juon.or.jp/ etc/ etc_116.html

さらに詳しい内容は下記URLをご確認ください。

http://blog.canpan.info/juon/archive/511

▼過去の活動の様子

http:// blog.goo.ne.jp/ eventjuon/ c/ 203a977ac9d08dcc4e2afe742b55e1ab

この情報に関するお問い合わせ

認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK

電話番号:03-5307-1102

ファックス番号:03-5307-1091

メールアドレス:juon-office@univcoop.or.jp

団体紹介
団体名称 : 認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK
都市と農山漁村の人々をネットワークで結ぶことにより、環境の保全改良、地方文化の発掘と普及、過疎過密の問題の解決に取り組み、自立・協助の志で新しい価値観と生活様式を創造していくことを目的とする。