ボラ市民ウェブ
TVACニュース

(2020年7月7日 / TVAC )

お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止下における
災害ボランティアセンターの設置・運営の考え方ガイドライン

キーワード
災害 、 災害ボランティア 、 災害ボランティアセンター 、 新型コロナウイルス

東京ボランティア・市民活動センターでは、新型コロナウイルス感染拡大防止下において、都内で災害が発生した際の災害ボランティアセンターの設置・運営に関するガイドラインを作成しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止下における

災害ボランティアセンターの設置・運営の考え方ガイドライン

https://www.tvac.or.jp/download/fef0ce2ddf.pdf

本ガイドラインは状況を踏まえ、適宜、修正していく予定です。

ポイントは下記の通りです。

ガイドラインには、下記ポイントに加え、ポイントごとの詳細な考え方等も記載しております。

Ⅰ 災害ボランティアセンターの設置判断について

1 感染拡大防止の理由だけで災害ボランティアセンターの設置を見送る判断はしない
2 災害ボランティアセンターを設置しない判断を行う場合、その影響への配慮が必要

Ⅱ 災害ボランティアセンターの活動方針・内容について(7つのポイント)

1 被害状況と要配慮者などの困難・ニーズについて、各種の情報により迅速に把握する
2 ボランティア活動は人と人が近距離で接触しない活動を検討・調整・提案する
3 ボランティア募集は近隣地域を中心とし、不特定多数の募集は原則行わない
4 ボランティアは小グループでの事前受付とし、オリエンや活動紹介等はオンラインで実施する
5 ウェブサイト・SNSの活用、マスコミとの連携により、支援の状況・必要性を発信する
6 地元・近隣団体や外部支援団体とのオンラインによる情報共有の場を設置する
7 運営支援者も関わる人をできるだけ限定する/事務所の感染対策も徹底する

Ⅲ 平時に準備しておくこと(4つのポイント)

1 災害ボランティアセンターの設置・活動方針について関係者と協議する
2 地元・近隣団体との災害時のネットワークを改めて確認し、意見交換を行う
3 感染拡大防止に対応した災害ボランティアセンター設置の準備を行う
4 感染者が確認された際のフロー&役割分担を明確にしておく

情報を探す