新型コロナウイルス NPOから寄せられる相談とQ&A(相談の窓口から)

新型コロナウイルス NPOから寄せられる相談とQ&A(相談の窓口から)

新型コロナウイルスの流行にともなう社会状況変化の影響を受けて、関連の相談がNPO等から寄せられることが非常に多くなっています。その中でもとくに相談の多い内容について、ここにまとめてご紹介してまいります。


普段の活動ができない…今だからできること

コロナ禍の中、多くのNPOや当事者団体にとっては、普段の活動を「休止する」と決断することも、重要なことでした。「必要な活動なのに…」と思いつつ、断腸の思いで決断をしたNPOがたくさんあります。そのようなNPO・当事者団体はいま、どうしているのでしょうか。「今だからできること」として、TVACに届いた声を紹介します。

NPOのお悩み-運営と活動についての多様な相談-

TVACには、NPO法人、ボランティアグループ、当事者団体などから、新型コロナウイルスの影響を受けたご相談が多数寄せられています。ここでは、運営面、活動面における、様々なお悩みの一部をご紹介します。

NPO法人の総会「集まらなくても、開催できる?」

TVACには、3月からNPO法人から総会・理事会の開催や運営についての相談が寄せられるようになりました。一番多い質問が、密集状態を避ける・感染拡大を防ぐために総会・理事会を「実際に集まらなくてもできる方法はあるか」というものです。

NPO法人の事業報告書等の書類はいつまでにだすの?

TVACには、4月になると事業報告書のご相談が寄せられます。事業報告書等の提出に関するご相談の中で、今年度一番多いご相談が「コロナウィルスの影響で事業報告書等の提出が遅れそう。遅れても大丈夫でしょうか。」というものです。

給付金・補助金・協力金…「支援策、うちはどれが使えるの?」

事業・活動を休止せざるを得なくなったり、休業等を余儀なくされて収入が減少したり、寄付や会費収入が止まって、運営が行き詰まってしまっているNPO法人が多くあります。今、社会にはたくさんの支援策やサポートの情報が発信されています。なかにはNPO法人も条件を満たせば対象となるものもあります。ここでは、おおまかな「支援策を探すポイント」をご紹介します。

セルフヘルプグループ・当事者活動

新型コロナウイルスがSHGにどのような影響を及ぼしているのか、TVACに寄せられた声をもとにご紹介します。さらに、この状況下で、あるいは未来を志向して模索している活動について、オンラインの活用を中心にご紹介いたします。