ボランティアを考えている企業・社員の方へ

2015年度実施プロジェクト

社員ボランティアが、そのビジネススキルや経験、ネットワークを活かして、非営利団体を支援する活動を推進するためのモデル・プログラムを企画・実践しています。

施設の子どもたちとネットでお仕事検索

  • 協力企業:ヤフー株式会社
  • 協力団体:都内の児童養護施設および母子生活支援施設
  • 実施日時:2016年2月22日(月)18:00~19:30
  • 実施会場:ヤフー株式会社の会議室
  • 実施内容:都内の児童福祉施設の高校生たちが、学校の帰りに六本木にあるヤフー株式会社に集まり、社員ボランティアの皆さんと一緒に、自分にあった仕事や関心のある仕事についてインターネットで検索しました。
    また、会社のカフェテリアから美味しいケータリングが届き、社員さんがどのような仕事をしているかや、高校生が日頃どのようにスマホやインターネットを使っているのか等についておしゃべりしながら交流。
    参加した子どもたちからは、「自分が知っていたり、自分に合うと思っていた以外の仕事について知ることができた」という感想がたくさんありました。
    社員さんからは、「参加した子どもたちが、自分の将来のことをしっかり考えていたり、バイトをして貯金をしていたりと、自分たちが高校生の時よりもずっとしっかりしている」という感想が寄せられています。

DSCN2800.jpg
軽食を取りながらの交流

人事部によるひとり親の方のための模擬面接

  • 協力企業:株式会社 三菱東京UJF銀行
  • 協力団体:一般財団法人 東京都ひとり親家庭福祉協議会(ひとり親TOKYO)
  • 実施日時:2016年1月29日(水)18:00~20:00
  • 実施会場:飯田橋セントラルプラザ 12階AB会議室
  • 実施内容:人事部ボランティアの皆さんによる自作・自演の面接劇と、その解説の後、グループに分かれて模擬面談を行いました。人事部の視点から各参加者の強みを発見し、それをどうアピールすれば採用担当者に伝わるのかを具体的にアドバイス。その後、障害のある人たちが作った美味しいパンとお菓子を食べながら、普段なかなか聞けないことを人事部に質問し、和やかな時間を過ごしました。
    参加者の方から「どう応答してよいかわからないまま面接をくりかえしていました。今日、どうしたら良いかがわかり、本当によかったです」と、感想をいただきました。また、翌日に面接を控えていた参加者が事務職に採用になったという朗報もあり。「自分たちがふだんしている仕事の経験やスキルが活かせるボランティアは参加しやすいですね。」と、人事部の方々も手ごたえを感じたようです。

DSCN2381.jpg
面接劇の様子

店長さんたちが障害のある人たちのお店でボランティア

  • 協力企業:株式会社 アークミール
  • 協力団体:①新宿区立新宿福祉作業所(障害のある人たちのパン屋さん)
         ②社会福祉法人豊芯会(障害のある人たちが働くレストラン)
  • 実施日時:①2016年1月15日(金)9:00~15:00
         ②2016年1月19日(火)9:00~15:00
  • 実施会場:①新宿区にあるパン屋さん
         ②豊島区にあるレストラン
  • 実施内容:大手レストランチェーン、アークミールでは障害のある人の雇用を進めています。今回は、店長さんたちが障害のある人たちとの働き方を学びたいということで、3~5名のチームを作り、障害のある人たちの就労支援施設でお手伝いをしました。
    ボランティア体験の後、店長の専門性や経験を活かして、利用者や職員の方に、接客や安全管理、広報等についてアドバイス。「さすがです!」と施設の皆さんたちはしきりに感心していました。
    一方、参加した店長さんたちは、障害のある人たちの職場がとてもイキイキしていて、思いやりにあふれ、地域の人たちとのつながりがあることに感激したようです。アークミールでは、今回の経験を活かして、店舗での障害のある人の雇用や育成にさらに積極的に取り組んでいきたいとのことでした。

エスポワール①.jpg
パン作りのお手伝い

お気軽にご相談ください

東京ボランティア・市民活動センター(企業担当)

03-6265-0272
(企業専用ダイヤル)
03-3235-1171(代表)

開館:火~土曜日 9:00~21:00 
日曜日:9:00~17:00
(休館日:月曜・祝日・年末年始)
※来所による相談をご希望される場合は、予約をお願いします。

メールでのお問い合わせはこちら

アクセス〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1
Google マップで見る