ボラ市民ウェブ

TVACサポーター会員

あなたの協力が市民活動の未来を切り拓きます!

自分の時間をデザインしたい、自分を再発見したい、という意識の高まりの中で、ボランティア・市民活動の分野や年齢層の幅が広がっています。 あなたの手で、こうした新たな市民活動の息吹をささえてください。
あなたのサポーター会費が、東京ボランティア・市民活動センターの各種プロジェクト事業の貴重な財源になります。

東京ボランティア・市民活動センターは先駆的なプロジェクトに取り組んでいます

市民活動団体の安定的な運営への支援

tvac_supportus_1.jpg

1998年のNPO法(特定非営利活動促進法)の制定によって、NPO、NGOも法人格をもつことが可能になりました。
市民の意識も高まり、活動も広がりをみせる一方、マネジメント力の強化、ネットワーク化などがこれからの課題です。
東京ボランティア・市民活動センターでは民間助成金やNPOでの活動を希望する人材など、さまざまな情報を提供しています。
また、NPO法人相談や、マネジメントに関する講座など、多彩なプログラムを展開しています。

「市民」としてともに生きることを学ぶ

青少年が市民性を育む学習プログラムの開発・普及に取り組んでいます。
小中高等学校における「総合的な学習の時間」の導入においても、青少年が地域社会の中で主体的・体験的な学習を行いながら市民性を身につけることが課題のひとつとなっています。
諸外国の先進事例を取り入れリながら、青少年が地域社会の中で学習する「市民学習」を展開しています。

企業に対して、社会貢献やボランティア活動に関する情報を提供したり、活動プログラムづくりの協力をしています。また豊かな経験や才能を活かして社会に貢献したいと希望する方々のために、各種講座や活動受け入れ団体などの情報提供を行っています。

万が一のための備えに、顔の見える関係づくり

阪神・淡路大震災で多くの若者がボランティア活動に参加したことを契機に、災害時のボランティア活動が大きな注目を集めることとなりました。 いざというときに円滑な被災者支援活動ができるよう、さまざまなボランティアやNPO・NGO、協同組合、青年会議所、労働団体、宗教団体、共同募金会、祉協議会とのネットワークづくりを行っています。また、発災時には東京都域でさまざまな支援の調整ができるよう、東京都とも話し合いを進めています。詳しくは、東京都災害ボランティアセンターアクションプラン推進会議のページをご覧ください。

また、東日本大震災の津波被害や原発事故に伴う東京への避難者の方々に対しても、様々な団体とともに「広域避難者支援連絡会in東京」の事務局を担う立場として、支援活動を続けています。詳しくは、広域避難者支援連絡会in東京のページをご覧ください。

年額3,000円からご支援いただけます

会費

tvac_supportus_2.jpg

1口 1,000円 3口以上~
※3口以上~何口でもお受けいたします。 お申し込みいただいた方には、情報誌「ネットワーク」を無料でお送りします

会員期間

毎年4月1日~翌年3月31日 

お申し込み方法

サポーター会員申込用紙にご記入いただいた上で、入金は振込用紙、またはセンターのカウンターで受け付けております。

会員申込用紙の「□振込用紙の送付を希望する」にチェックを入れてFaxまたは郵送いただきますと、折り返し郵便振込用紙をお送りいたします。
2019サポーターお願い.pdf

情報を探す