ボラ市民ウェブ

民間助成団体部会

fund_1.jpg

東京都社会福祉協議会 民間助成団体部会は、社会福祉分野をはじめとした生活上の課題すべての分野において活動しているボランティア・NPOなどの市民活動や非営利法人に助成を行なっている団体がネットワークをもち、協議する中で、助成活動の一層の向上と発展に資することを目的として、2001年に設立されました。
様々な分野の市民活動へ助成する団体が、学び合い、交流しています。

部会の特徴

幅広い市民活動を対象としている

社会福祉以外にも分野を広げているので他分野の助成状況を参考にできます。また、助成の種類を活動助成や現場をふまえた調査研究助成に絞っているので、より専門的な議論ができます。

現場に近い・生の声が聞ける

助成対象となる団体の日常的な活動情報やニーズを得ることができ"現場"との接点をもつことができます。

助成事業への取り組み方が聞ける

新たに就任された財団役員の方にとって、部会の場を通じて他の財団の役員の方と交流するなかでノウハウを得ることができます。

部会の活動

総会

→公益法人改革、市民活動団体への寄付税制の問題等について検討
会員間で課題の出し合いや情報交換をし、部会の取り組みや方向性を決めます。顔の見える人数でざっくばらんに話し合いができます。

学習会

→災害救援ボランティア、任意団体からNPO法人への移行事例など学習
その時々の課題をクローズアップし、市民活動団体など助成先となる現場の事例提供者を交えながら会員同士で勉強する会です。

研究協議会

→福祉施設の被災を契機に助成団体の共同による緊急助成が実現
年に一度宿泊(1泊)をしながら、いくつかのテーマを講師を招いてじっくりと研究します。交流も深め合うことができる会です。

情報交換会

→高齢者支援、環境学習、スポーツ参加など地域でとりくむNPOと自治体の委託・協働について情報提供
会員以外の民間助成団体も参加して、社会福祉の動向や市民活動をめぐる情勢などの情報提供と、各団体の助成事業の状況について情報交換を行います。

『ボランティア・市民活動助成ガイドブック』の発行

民間助成団体の助成事業を一覧にしています。(共編)

メーリングリスト

助成先決定など会員間の日常的な情報交流に。

会員団体

入会のご希望は

東京都社会福祉協議会の会員となっていただき、民間助成団体部会に所属していただきます。

会費

年額 30,000円
郵便振替用紙をお送りします。銀行振込のご利用も可能です。
会員の方には、 月刊紙「福祉広報」を無料でお届けします。

下記の運営事務局までお電話かFAXをください。 入会に必要な書類をお送りいたします。

お問い合わせ先 (運営事務局)

お気軽にお問い合わせください。

東京ボランティア・市民活動センター (社会福祉法人東京都社会福祉協議会)

情報を探す